メインメニューを開く

金森 長光(かなもり ながみつ)は、美濃上有知藩の第2代(最後)の藩主。

 
金森 長光
時代 江戸時代前期
生誕 慶長10年(1605年
死没 慶長16年10月6日1611年11月10日
改名 五郎八(幼名)→長光
戒名 繍雲院殿揺室宗玉大居士
墓所 京都府京都市北区紫野大徳寺町の大徳寺龍源院
幕府 江戸幕府
美濃上有知藩
氏族 金森氏
父母 父:金森長近、母:久昌院
兄弟 長則長光

生涯編集

慶長10年(1605年)、初代藩主金森長近の次男(82歳の時の子)として生まれる(長近には他家に養子に出た庶子の 伊東治明がいるため実際には三男)。長兄の長則天正10年(1582年)の本能寺の変二条城において織田信忠に殉じていたため、金森家の家督飛騨の領地は長近の養子の可重が継いで、長光は慶長13年(1608年)に長近が死去すると、上有知・関の18000石と河内国金田(かなた=現・大阪府堺市金岡町)3000石を相続した。

しかし慶長16年(1611年)10月6日(異説として8月23日)に夭逝する。享年7。継嗣はなく、上有知藩の金森家は無嗣断絶で改易となり没収。河内国金田は、母の久昌院が相続し、寛永18年(1641年)に亡くなるまで、久昌院の知行地であった。[1]

しかし、上有知藩の知行地のうち、長光家臣の島三安肥田忠親池田政長ら三人は、長近と家康の約束により、遺領から各1000石が宛てがわれ、旗本として幕府に召し出された。このうち池田氏のみが明治維新まで旗本ととして存続した。[2]

脚注編集

  1. ^ 『堺市史 近世編』
  2. ^ 『岐阜県史通史編 近世上』 岐阜県、1968年、536頁

関連項目編集