金森頼業像

金森 頼業(かなもり よりなり、慶安元年(1648年)- 寛文11年12月28日1672年1月27日))は、飛騨高山藩の第5代藩主。4代藩主・金森頼直の長男。母は本多忠義の娘。弟に金森近供、権之助(早世)、金森直清金森重矩。正室は井上正任の娘。側室もいる。子は金森頼時(長男)、金森重詰[1](次男)。官位は従五位下、飛騨守。

生涯編集

万治2年(1659年)将軍徳川家綱に拝謁する。寛文2年(1662年)従五位下飛騨守に叙任する。寛文5年(1665年)、父の死去により跡を継ぐ。[2]寛文8年(1668年)、神岡鉱山(茂住鉱山)を開発し、「金森」姓の名乗りまで許されていた鉱山師の茂住宗貞を、頼業はしかしその贅沢を憎んで茂住の部下を誅殺、茂住は越前国に逃走した。これにより鉱山経営に混乱を招き、衰退を招いたと伝わる。


寛文11年(1671年)12月28日、江戸の藩邸にて24歳で死去し、跡を長男の頼時が継いだ。法号は「照見院殿覚峰宗圓大居士」。墓所は大隆寺。後に京都市北区紫野大徳寺町の龍源院。

富山藩前田家との領土境界に関して幕府に訴えを起こした。この訴訟は頼業の死の直後に高山藩が勝訴した。また、死因として城中で起こった怪異により病を得た、とする話が伝わる。


脚注編集

  1. ^ 後に家臣となる。
  2. ^ 『新訂寛政重修諸家譜第六』株式会社続群書類従完成会、1964年、256頁