メインメニューを開く

地理編集

町田市中部に位置する。北は原町田金森東、東は金森東、小川、南は南町田、神奈川県大和市下鶴間、西は神奈川県相模原市南区上鶴間本町と接している。

河川編集

  • 境川 - 神奈川県相模原市・大和市との都県境付近を流れる。

地価編集

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、金森1-48-2の地点で17万8000円/m2となっている。[5]

歴史編集

地名の由来編集

金堂寺のある森の意、また焼き畑を「カナ」といい、神社を杜(モリ)ということから金森となったなど、諸説ありはっきりしていない[6]

沿革編集

  • 1868年明治元年) - 武蔵知県事韮山県に分属とされた。その後同年末までに東京府となるものの、多摩地域が横浜に居住する外国人の遊歩区域であるとの神奈川県知事陸奥宗光の上申により神奈川県に移管される。
  • 1873年(明治6年)5月1日 - 区番組制により第八区一番組となる。
  • 1874年(明治7年)6月15日 - 大区小区制により、第八大区二小区となる。
  • 1878年(明治11年)7月22日 - 郡区町村制施行。神奈川県南多摩郡金森村となる。
  • 1884年(明治17年)7月5日 - 連合戸長役場制により、金森村、鶴間村、高ヶ坂村、成瀬村、小川村が5ヶ村連合となる。連合戸長役場は鶴間村に置かれる。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行。金森村と鶴間村・高ヶ坂村・成瀬村・小川村が合併し、南多摩郡南村大字金森となる。
  • 1893年(明治26年)4月1日 - 神奈川県のうち、西多摩郡、南多摩郡、北多摩郡東京府に移管。東京府南多摩郡南村大字金森となる。
  • 1938年昭和13年)7月1日 - 東京都制により、東京都南多摩郡南村大字金森となる。
  • 1954年(昭和29年)4月1日 - 町田町と南村が対等合併する。町田町大字金森となる。
  • 1958年(昭和33年)2月1日 - 町田町、忠生村鶴川村堺村の1町3村が対等合併し、市制施行。町田市金森となる。
  • 1964年(昭和39年)6月1日 - 金森の一部で住居表示を実施、金森一丁目を新設。金森、原町田、南大谷、森野、高ヶ坂のそれぞれ一部で住居表示を実施、原町田一〜六丁目を新設。
  • 1985年(昭和60年)2月1日 - 神奈川県大和市と境界の一部を変更。
  • 1999年平成11年)12月1日 - 神奈川県相模原市、大和市と境界の一部を変更。
  • 2004年(平成16年)12月1日 - 神奈川県相模原市と境界の一部を変更。
  • 2012年(平成24年)10月8日 - 金森、鶴間の一部で住居表示を実施、金森二~七丁目を新設。金森、原町田、高ヶ坂の一部で住居表示を実施、金森東一~四丁目を新設。

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
金森一丁目 1,396世帯 2,783人
金森二丁目 1,376世帯 3,189人
金森三丁目 739世帯 1,721人
金森四丁目 1,054世帯 2,213人
金森五丁目 270世帯 602人
金森六丁目 762世帯 2,063人
金森七丁目 1,003世帯 2,062人
6,600世帯 14,633人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

丁目 番地 小学校 中学校
金森一丁目 全域 町田市立南第三小学校 町田市立南中学校
金森二丁目 1~21番、26~32番
33番26~29号・33~34号
その他 町田市立南第四小学校
金森三丁目 1~3番、5~23番
22~25番、33番2~3号
33番5~8号・11~16号
33番18号・21~25号
33番35~36号・38号・41号
33番43~45号・47~49号
34~39番
町田市立南第一小学校
金森四丁目 全域
金森五丁目 全域
金森六丁目 全域
金森七丁目 20番 町田市立南第四小学校
1~19番、21番 町田市立南第三小学校

交通編集

鉄道編集

小田急線JR横浜線町田駅もしくはJR横浜線成瀬駅が最寄駅である。

路線バス編集

神奈川中央交通東により、以下の路線が運行されている。

道路・橋梁編集

施設編集

行政
  • 町田市南市民センター
  • 子どもセンターばあん
教育
消防
商業施設
神社
  • 杉山神社
  • 金森天神社

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 土地・気象 【町田市統計書 第50号2016(平成28)年度発行】”. 町田市 (2017年3月21日). 2018年1月21日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口表”. 町田市 (2018年1月15日). 2018年1月21日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月21日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月21日閲覧。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 町田の地名のいわれ 1993
  7. ^ 市立小・中学校の通学区域”. まちだ子育てサイト(町田市) (2018年4月1日). 2018年4月1日閲覧。

参考文献編集

  • 『角川日本地名大辞典13東京都』

外部リンク編集