メインメニューを開く

金水 敏(きんすい さとし、1956年4月29日 - )は、日本日本語学者大阪大学教授。

人物編集

大阪府大阪市出身、兵庫県西宮市在住。1979年東京大学文学部国文科卒、82年同大学院人文科学研究科国文科博士課程中退、東京大学文学部助手、1983年神戸大学教養部講師、1987年大阪女子大学講師、1990年神戸大学文学部助教授、1998年大阪大学文学部助教授、2001年同文学研究科教授古典語から現代語まで日本語文法の幅広い分野を研究対象とし、近年は役割語の提唱と研究を行う。1992年豊田実賞2006年、『日本語存在表現の歴史』で新村出賞を受賞。

現在、日本語学会評議員、日本言語学会委員、言語処理学会理事、日本語文法学会副会長・評議委員、日本学術会議会員などを務める。

著書編集

  • 『ヴァーチャル日本語 役割語の謎』岩波書店、2003
  • 『日本語存在表現の歴史』ひつじ書房、2006
  • 『コレモ日本語アルカ? 異人のことばが生まれるとき』そうだったんだ!日本語 岩波書店、2014

共編著編集

編著編集

  • 『役割語研究の地平』くろしお出版、2007
  • 『役割語研究の展開』くろしお出版、2011
  • 『〈役割語〉小辞典』研究社、2014

外部リンク編集