金 永南(キム・ヨンナム、朝鮮語: 김영남1928年2月4日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政治家2010年9月から2019年4月まで朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員を務めたほか、最高人民会議常任委員会委員長を20年にわたって務めた。その間、1998年9月5日社会主義憲法改正により最高人民会議常任委員長が同国の元首格とされたため、対外的に国家元首の役割を果たしていた。党内序列は最高で第2位であった。

金永南
김영남
Kim Yong-nam in Moscow.jpg
金永南(2014年2月6日撮影)

任期 1998年9月5日2019年4月11日
国防委員長
国務委員長
金正日(事実上の元首)
金正恩

任期 1983年12月28日1998年9月5日
国家主席 金日成1994年7月8日に死去)
金正日(金日成死後、事実上の国家元首)
内閣 李鐘玉内閣
第1次姜成山内閣
李根模内閣
延亨黙内閣
第2次姜成山内閣

任期 1983年12月28日1998年9月5日
国家主席 金日成1994年7月8日に死去)
金正日(金日成死後、事実上の国家元首)
内閣 李鐘玉内閣
第1次姜成山内閣
李根模内閣
延亨黙内閣
第2次姜成山内閣

任期 2010年9月28日2019年4月10日
総書記
第一書記
委員長
金正日
金正恩

出生 (1928-02-04) 1928年2月4日(93歳)
日本の旗 朝鮮 平壌(北朝鮮の公式発表)[1]
政党 朝鮮労働党の旗 朝鮮労働党
出身校 金日成総合大学
親族 金己男(弟) 金斗南(弟)、李春姬(妹)
署名 Signature of Kim Yong-nam.svg
金永南
各種表記
ハングル 김영남
漢字 金永南
発音 キム・ヨンナム
日本語読み: きん・えいなん
ローマ字 Kim Yŏng-nam
英語表記: Kim Yong-nam
テンプレートを表示

経歴編集

出生地は日本統治時代の朝鮮平壌が公式の記録だが、当時の中華民国奉天省という説もある。後に家族とともに中国の黒竜江省木蘭県に移住した[1]

1950年6月に朝鮮戦争が起き、同年10月に中華人民共和国中国人民志願軍(抗美援朝義勇軍)が結成され、当時中国で学生の身分だった金永南も従軍した[1]

朝鮮戦争休戦後も北朝鮮に留まり、1952年ソビエト連邦経由で中国に戻るも1950年代後半に家族を連れて北朝鮮に移住し[1]金日成総合大学を卒業し、再びソ連に赴いてモスクワ大学にも留学した。朝鮮労働党入党後、長らく外交畑を担当し、幹部へと出世していく。

1970年11月、党中央委員に選出され、1972年2月に党中央委員会国際部副部長、外務次官に就任。同年、最高人民会議代議員に選出される。1975年、党国際担当書記に任命され、1978年8月に党政治局員に選出。1980年10月の第6回党大会で党政治局員・書記に再選される。1983年12月28日、政務院副総理兼外交部長に就任[2]1998年に退任するまで約15年間在職し、金日成金正日父子の外交政策を支える。1989年9月には祖国平和統一委員会副委員長を兼任。1994年7月8日金日成が死去英語版。金日成の演説草案の多くを作成し、金日成から信頼されていた金永南は、同月に開催された金日成追悼大会において追悼演説を行った。

1998年9月5日、最高人民会議第10期第1回会議において憲法が改正され、金日成の死後空位となっていた国家主席は廃止となり、代わって最高人民会議常任委員会委員長が国家元首格として再設置された[注釈 1]。金永南は最高人民会議常任委員会委員長に選出されて対外的に国家元首の役割を果たすこととなった。しかし、金永南はこの最高人民会議の席上、金正日が務める国防委員会委員長を「国家の最高職責」と宣言したため、金正日が事実上の国家元首となり、金永南は国家のナンバー2となった。

2009年4月9日の最高人民会議第12期第1回会議で憲法が改正され、国防委員会委員長が「国家の最高指導者」として規定された。これにより金正日が名実ともに国家元首となった。一方で国際行事、特に中華人民共和国の2008年北京オリンピックの開会式オリンピック聖火が北朝鮮に初めてきた際は第一走者に手渡す役を務めた[3])、ロシア2014年ソチオリンピックの開会式大韓民国2018年平昌オリンピックの開会式などのようなスポーツ祭典には金永南が国家元首格として北朝鮮を代表して出席した。

2010年9月28日に開催された第3回党代表者会議英語版中国語版第6期党中央委員会第22回総会政治局常務委員に選出され、正式に党内序列第2位となった。

2011年12月17日金正日が死去し、三男の金正恩が後継者となった。金正恩体制の下でも、金永南は粛清されることもなく序列第2位に据え置かれ、2016年5月に開催された第7回党大会でも政治局常務委員に留任した。

2017年2月15日に開催された金正日総書記の生誕75周年慶祝中央報告大会では、「金総書記の指導の継承問題を完璧に解決したのは千年、万年の未来とともに末永く輝く最も貴い業績だ」と発言し[4]、また2月12日に発射したミサイルについて「民族最大の祝日である金総書記の誕生日を輝かしく飾った」と述べた[5]

2019年3月10日第14期最高人民会議代議員選挙で再選されたが[6]4月10日第7期党中央委員会第4回総会において党中央委員会政治局常務委員を退任し[7]、翌11日の最高人民会議において最高人民会議常任委員会委員長も退任して引退した[8]

2020年10月10日に開催された朝鮮労働党創立75周年記念軍事パレードでは「慶祝代表」の一員として招待席で参観した[9]

日本との関係編集

1974年列国議会同盟朝鮮民主主義人民共和国代表団団長として来日。2002年9月17日の第1回日朝首脳会談では、平壌国際空港に到着した日本小泉純一郎首相を出迎えた[2]

家族編集

弟の金己男は朝鮮労働党政治局員、政務局副委員長(2016年の第7回党大会で書記から改称)を務め、2017年10月開催の党中央委員会第7期第2回総会で退任した。縁戚の金東淳元正花2008年、韓国でスパイ容疑のために逮捕された。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 最高人民会議常任委員長は、北朝鮮が建国された1948年から1972年の憲法改正まで国家元首として設置されていた。1972年の憲法改正で国家元首として国家主席職が設けられて金日成が国家主席に就任すると、最高人民会議常任委員会は最高人民会議常設会議に改組されて権限を縮小された。なお、最高人民会議常任委員長と最高人民会議議長の職は分離していたが、最高人民会議常設会議の議長は最高人民会議議長が兼任した。

出典編集

  1. ^ a b c d 평창 동계올림픽 북한 대표단장으로 오는 1928년생 김영남의 처세술은?” (朝鮮語). 朝鮮日報 (2018年3月10日). 2018年4月14日閲覧。
  2. ^ a b 北の対南心理戦は着々 超大物の金永南氏派遣を韓国政府は歓迎”. 産経新聞 (2018年2月5日). 2018年3月1日閲覧。
  3. ^ “平壌で初の聖火リレー整然と終了” (日本語). 日刊スポーツ. (2008年4月8日). http://beijing2008.nikkansports.com/news/f-sp-tp0-20080428-353687.html 2018年2月15日閲覧。 
  4. ^ 金正男(金正恩の異母兄)は2月13日マレーシア暗殺されている
  5. ^ “金正日総書記生誕75年「後継問題が解決した」と報告”. テレビ朝日. (2017年2月16日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000094506.html 
  6. ^ “北朝鮮代議員選挙結果を徹底分析!相次ぐ実力者らの意外な「落選」が判明!” (日本語). Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20190313-00118076/ 2019年6月2日閲覧。 
  7. ^ “북한, 노동당 상무위 `김정은·최룡해·박봉주` 3인 체제 구축(北韓(=北朝鮮)、労働党常務委 '金正恩・崔龍海・朴奉珠' 3人体制の構築)” (朝鮮語). 毎日経済. (2019年4月14日). https://www.mk.co.kr/news/politics/view/2019/04/228802/ 
  8. ^ “北朝鮮、最高人民会議常任委員長に崔氏 首相も交代”. ロイター. (2019年4月12日). https://jp.reuters.com/article/northkorea-appointments-idJPKCN1RN31G 2019年4月12日閲覧。 
  9. ^ “北朝鮮で党創建75年軍事パレード…新型ICBM登場”. デイリーNK. (2020年10月11日). https://dailynk.jp/archives/134601/2 2020年10月30日閲覧。 

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、金永南に関するメディアがあります。

公職
先代:
許錟
  朝鮮民主主義人民共和国
外交部長

1983年 – 1998年
次代:
白南淳
外務相として
先代:
金日成
国家主席として
  朝鮮民主主義人民共和国国家元首英語版
1998年 – 2009年
次代:
金正日
国防委員会委員長として
先代:
楊亨燮
最高人民会議常設会議議長として
  朝鮮民主主義人民共和国
最高人民会議常任委員会委員長

1998年 – 2019年
次代:
崔竜海