メインメニューを開く

金沢 良雄(かなざわ よしお、1910年8月4日 - 1987年1月6日)は、日本法学者弁護士大阪出身。経済法公害環境法を研究。1961年、「水法論」で東京大学法学博士[1]。「金澤良雄」とも表記される。

目次

人物編集

1931年浪速高等学校卒業。1938年東京帝国大学法学部卒。中央物価統制協力会議、内閣総合計画局などを経て、1948年、東京大学法学部助教授。1953年北海道大学法経学部教授。1953年、法学部教授。1966年、母校に戻り東京大学法学部教授に就く。1971年、定年退官、成蹊大学教授。1972年、法学部長・大学院法学研究科長。1977年紫綬褒章受章。1979年、定年退任。成蹊大学名誉教授を授与される。東京にて弁護士登録。

この他、科学技術庁原子力委員会専門委員・参与通商産業省産業構造審議会委員、経済企画庁国民生活審議会委員、独占禁止法研究会会長、環境省中央公害対策審議会委員など公職多数。

著書編集

  • 『経済法』有斐閣 1961 法律学全集
  • 『経済法』ダイヤモンド社 1961 経営全書
  • 『国際経済法序説』有斐閣 1979
  • 『独占禁止法の構造と運用』有斐閣 1979
  • 『本来無一物』有斐閣 1982
  • 『水資源制度論』有斐閣 1982
  • 『経済法の史的考察』有斐閣 1985
  • 『人生おちこち』有斐閣 1986
  • 『芦ノ湖の水利権 元東大教授金沢良夫先生講演会の記録』改訂 芦ノ湖の水利権を考える会 1989

共編著・監修編集

  • 『貿易関係附属法令集』編 日本評論社 1956 
  • 『経営法学全集』全20巻 石井照久,有泉亨共編 ダイヤモンド社 1965-68
  • 『住宅問題講座』全9巻 共編 有斐閣 1968-71 
  • 『注釈公害法大系』全4巻(監修)日本評論社、1972-73 
  • 『法学入門』鵜飼信成,山田晟共編 有信堂 1975
  • 『わが国における国際経済協力関係法の調査研究状況』桜井雅夫共編 アジア経済研究所 1977 経済協力調査資料
  • 『水法論』三本木健治共著 水文学講座 共立出版 1979
  • 『日独比較原子力法 第1回日独原子力法シンポジウム』編 第一法規出版 1980 エネルギー法研究シリーズ
  • 『新・貿易関係法』編 日本評論社 1983

出典・脚注編集

  1. ^ 水法論 金沢良雄”. 国立国会図書館. 2012年8月1日閲覧。

参考編集