メインメニューを開く
金沢高等師範学校
(金沢高師)
創立 1944年
所在地 石川県金沢市
初代校長 倉林源四郎
廃止 1952年
後身校 金沢大学
同窓会 金沢大学教育学部同窓会

金沢高等師範学校(かなざわこうとうしはんがっこう)は、1944年昭和19年)3月に石川県金沢市に設立された、官立の中等学校男子教員養成機関。略称は金沢高師

目次

概要編集

  • 全国で3番目に設立された高等師範学校である。設立の背景には金沢市による熱心な誘致運動と、戦時下において理科教育を重視する文教行政があったとされる。
  • 修業年限は4年。当初は理科のみが設置され、のち文科が増設。
  • 8年間のみの存続であったが、合計415名の卒業者を輩出した。
  • 金沢大学教育学部の前身であり、同大学の理学部法文学部(その後法学部文学部経済学部に分離)も一部その流れをくむとされている。

沿革編集

  • 1944年3月:勅令第132号により設立。
    • 1部数学科・2部物象科・3部生物科からなる理科のみが設置。
  • 1944年5月:第1回入学式。
  • 1944年12月:文部省の指定により特別科学教育研究班を設置。
  • 1947年3月:文科(1部英語科・2部地歴科)が設置。
  • 1948年
  • 1949年5月31日
    • 新制金沢大学に包括され、金沢大学金沢高等師範学校と改称。
    • 附属高等学校は教育学部附属となる
  • 1952年

歴代校長編集

校地の変遷編集

金沢市から中村町国民学校の校舎・敷地の寄附を受け開校したが、1946年9月には同市野田町180番地 (山砲隊跡、現・陸上自衛隊金沢駐屯地) に移転した。

関連項目編集

外部リンク編集