金海平野(キムヘへいや)は、大韓民国最大規模の三角州である。陸地に露出した三角州の面積は約136km2で、砂州背後の干拓地は約37km2である。慶尚南道金海市釜山広域市江西区にまたがっている。

金海平野
各種表記
ハングル 김해평야
漢字 金海平野
発音 キメ(キムヘ)=ピョンヤ
テンプレートを表示

釜山広域市北区から分かれる洛東江が6 - 10kmの曲面に堆積した平野として現在も三角州の成長が活発である。

関連項目編集

参考文献編集