メインメニューを開く

金源鎮(キム・ウォンジン、: 김원진: Kim Won-Jin1992年5月1日- )は、韓国江原道出身の柔道家。階級は60kg級。身長168cm[1][2][3]

獲得メダル
大韓民国の旗 大韓民国
柔道
世界選手権
2013 リオデジャネイロ 60kg級
2015 アスタナ 60kg級
アジア大会
2014 仁川 60kg級

人物編集

2009年のアジアジュニアでは55kg級で優勝を飾った。2011年にはユニバーシアードの60kg級で優勝した[2]。続く世界選手権の準決勝では世界チャンピオンであるウズベキスタンのリショド・ソビロフと対戦して有効を先取された。その後大内刈で一旦は一本勝ちが宣せられたものの技ありに変更されるが、試合をリードすることになった。しかし、ソビロフの前に残り1秒の掬投で技ありを取られて逆転負けを喫した。3位決定戦でもウクライナのゲオルグリー・ザンタラヤ釣腰で一本負けを喫して結局5位に終わった[4]。2012年のグランドスラム・パリ決勝では開始早々の浮落でソビロフの返り討ちにあった[2]ロンドンオリンピックには同じく世界選手権5位の崔光賢との代表争いに敗れて出場できなかった[2]。2013年4月のアジア選手権決勝では山本浩史内股で敗れて2位だった[2]。7月のユニバーシアードでは準決勝でロンドンオリンピック金メダリストであるロシアのアルセン・ガルスチャンの前に敗れて3位にとどまり2連覇はならなかった[2]。8月の世界選手権では準決勝で日本の高藤直寿に合技で敗れるも3位になった[5]。11月のグランドスラム・東京決勝では高藤に肩車で敗れた。2014年には世界選手権に出場せず、地元仁川で開催されたアジア大会に出場するものの、準々決勝で志々目徹の前に敗れて3位にとどまった[2]。2015年にはアジア選手権で優勝すると、地元光州で開催されたユニバーシアードで2大会ぶり2度目の優勝を飾った[2]世界選手権では準々決勝で志々目に指導2で敗れるが、その後の3位決定戦で昨年の世界チャンピオンであるモンゴルのガンバット・ボルドバータルを破って3位になった[6]。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは7位に終わった[1][3]。オリンピック以来2年ぶりの国際大会出場となった2018年のグランドスラム・大阪では世界チャンピオンの高藤直寿志々目徹に反則勝ちして3位になった[7]

IJF世界ランキングは1406ポイント獲得で37位(2019/9/2)[8][9]

主な戦績編集

(出典[3]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集