メインメニューを開く

金澤 正剛(かなざわ まさかた、1934年 - )は、日本音楽学者音楽史研究者、国際基督教大学名誉教授[1]ルネサンス音楽史を専攻としているが、中世西洋音楽[2]古楽全般についての著作もある[3]

経歴編集

1957年国際基督教大学教養学部人文科学科音楽専攻を卒業した後、渡米[4]ハーバード大学大学院で音楽学を学び、1966年に博士課程を修了した[1]。その間、1963年からハーバード大学音楽学部助手となり、1964年からはハーバード大学カークランド学寮音楽専攻指導教官も兼ね、いずれも1966年まで務めた[4]

以降、国際基督教大学などで非常勤講師として教鞭を執るかたわら、フィレンツェのハーバード大学イタリアルネサンス研究所、アンティオーク大学英語版アールハム大学英語版などで研究に従事した[1]1980年には、イザベル・ポープ (Isabel Pope) と共編著『The Musical Manuscript Montecassino 871(モンテ・カシノ音楽手写本第 871号)』(1979年[5]が、ASCAP賞を受賞した[1]

1982年に国際基督教大学教授となり、同大学では宗教音楽センター所長を務めた[1]2004年に定年退職し、名誉教授となった[1]。この間、著書『古楽のすすめ』で、1998年度日本ミュージック・ペン・クラブ大賞を受賞した[1][3]

学会関係では、国際音楽学会英語版日本代表理事、国際音楽文献委員会日本国内委員会委員長、日本オルガン研究会会長などを歴任した[4]

おもな著書編集

単著編集

  • 古楽のすすめ、音楽之友社(音楽選書)1998年
    • 新版 古楽のすすめ、音楽之友社(オルフェ・ライブラリー)2010年
  • 中世音楽の精神史:グレゴリオ聖歌からルネサンス音楽へ、講談社(選書メチエ)、1998年
    • 中世音楽の精神史:グレゴリオ聖歌からルネサンス音楽へ、河出書房新社(河出文庫)、2015年
  • キリスト教音楽の歴史:初代教会からJ.S.バッハまで、日本キリスト教団出版局、2001年
  • キリスト教と音楽:ヨーロッパ音楽の源流をたずねて、音楽之友社、2007年

翻訳編集

  • エマニュエル・ヴィンターニッツ 著、音楽家レオナルド・ダ・ヴィンチ、音楽之友社、1985年
  • トマス・マロッコ 著(金沢正剛・山田久美子 共訳)、ストラディヴァリウス:ある名器の一生、音楽之友社、1992年

このほか、監修、日本語版監修、監訳にあたった事典、翻訳などがある。

脚注編集