金 相豎(キム・サンス、 1990年3月23日 - )は、大韓民国大邱広域市出身のプロ野球選手遊撃手)。KBOリーグサムスン・ライオンズ所属。

金 相豎(キム・サンス)
サムスン・ライオンズ #7
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 ソウル特別市
生年月日 (1990-03-23) 1990年3月23日(29歳)
身長
体重
175 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2009年 1次ドラフトで指名
初出場 2009年
年俸 2億4000万ウォン(2018年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 大韓民国の旗大韓民国
WBC 2013年
プレミア12 2015年,2019年

経歴編集

俊足巧打の選手として、サムスン・ライオンズに入団。オープン戦でも好調をアピールしたが、2009年のシーズン中盤にA型肝炎を患い、抹消。復帰後もプロに適応できず、打率.245と低迷。

2010年は、安定した守備で長らく三星のショートとして君臨していた朴鎮萬からショートのレギュラーを奪い、30盗塁を記録し斗山とのプレーオフでも印象的な活躍を見せた。

2011年は、9番ショートで完全に定着し、5月8日LG戦ではプロ入り初の本塁打を放つ。果敢な守備技術を誇るが失策が多いなど、課題も残るシーズンとなった。

2012年もショートのレギュラーとして活躍した。

2013年はシーズン開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓国代表に選出された。

2014年9月に開催された仁川アジア競技大会野球韓国代表に選出された。同大会では、韓国の優勝により兵役免除の恩恵を受けることとなった。シーズンでは53盗塁で初の盗塁王のタイトルを獲得した。

2015年オフの10月10日に第1回WBSCプレミア12韓国代表選手28名に選出された[1]。同大会で韓国は大会初の優勝を果たした。

2016年から2017年にかけて故障などで出場機会が減少した。

2018年オフにフリーエージェント(FA)となり、2019年からサムスンと3年契約を結んだ。

2019年オフの11月に開催された第2回WBSCプレミア12の韓国代表に選出された。同大会で韓国は決勝で日本に敗れ、準優勝となったが、同大会は東京オリンピック予選を兼ねており、開催国である日本を除きアジア・オセアニア最上位だったため韓国は出場権を獲得した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集









































O
P
S
2009

97 241 43 59 19 0 0 17 18 6 21 1 51 6 9 .245 .324 .309 .633
2010 101 280 37 69 7 3 0 22 30 6 31 12 45 10 8 .246 .293 .346 .639
2011 128 406 53 113 16 4 2 47 29 7 47 7 61 7 22 .278 .363 .352 .715
2012 129 419 64 115 18 4 2 36 25 11 41 7 56 8 14 .274 .349 .351 .700
2013 115 372 57 111 17 3 7 44 14 5 30 5 44 7 16 .298 .359 .417 .766
2014 128 427 74 123 20 8 5 63 53 6 41 7 77 7 14 .288 .354 .407 .761
2015 132 449 67 125 30 4 8 63 26 5 43 6 56 9 18 .278 .345 .416 .761
2016 105 358 56 97 13 0 3 38 6 4 23 8 39 9 15 .271 .326 .332 .658
2017 42 144 17 38 7 0 3 13 1 1 5 1 26 4 7 .264 .291 .375 .666
2018 122 453 63 119 13 1 10 50 12 9 27 8 91 11 16 .263 .314 .362 .676
2019 129 468 76 127 20 2 5 38 21 3 50 15 67 14 10 .271 .358 .355 .713
通算:11年 1228 4020 607 1096 180 29 45 431 235 63 359 78 613 93 149 .273 .341 .365 .706

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ 2015 프리미어12 국가대표팀 최종 엔트리 명단 발표 The official site of Korea Baseball Organisation (朝鮮語) (2015年10月10日) 2015年10月21日閲覧

外部リンク編集