メインメニューを開く
日本 > 徳島県 > 小松島市 > 金磯町

金磯町(かないそちょう)は、徳島県小松島市町名郵便番号は〒773-0007。2016年2月末現在の人口は2,639人、世帯数は1,165世帯[1]

金磯町
金磯弁財天
金磯町の範囲
金磯町の範囲
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 徳島県
市町村 小松島市
人口
2016年(平成28年)2月末現在 小松島市の調査より)
 • 合計 2,639人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
773-0007

目次

地理編集

小松島市の中心部に位置。市街地の南東方に位置し、北から東は小松島湾に臨み、西はJR牟岐線を境として田野町に、北西は市道を隔てて横須町に接している。

芝生川が中心部を東流して小松島湾に注ぎ、河口は金磯港となっている。海岸線に沿って旧道(市道)が東西に走り、中央部を徳島県道120号徳島小松島線(旧国道55号)はほぼ南北に貫通して県南地方に通じ、商店・住宅地が増加して、市街化しつつある。

金磯港は1959年昭和34年)、1万t岸壁の完成により鉄工団地が造成され、山本鉄工所をはじめ17の企業が進出し、海面の埋立地には日本青果包装や原木市場が立地している。

金磯町はもと海岸の干潟で、同地の豪農多田家によって新田の造成が行われ、宝暦12年、苦心の末、金磯新田村として成立した。戦前は農業が主産業であった。

河川編集

小字編集

  • 入江町
  • 土手町
  • 弁天前
  • 南弁天前

歴史編集

金磯新田村編集

金磯新田村は江戸時代から明治22年の勝浦郡の村名。江戸期は金磯新田と称した。当地はもと小松島浦・田野村・芝生村・日開野村の田地囲堤外の州先(潮干潟)で、元禄年間以後の新田開発により成立。徳島藩領。

明治4年に徳島県、同年に名東県、明治9年に高知県を経て明治13年に再び徳島県に所属。

金磯新田編集

明治22年から明治32年までの間は金磯新田という大字名であった。干潟であったところを水田に造成した新田地域で、湿田が多く稲作農業が営まれた。

金磯編集

明治32年から昭和32年までの間は金磯という大字名であった。はじめ小松島村、明治40年に小松島町、昭和26年には小松島市の大字となる。

昭和21年の南海大地震により、小松島市の海岸地帯は約60cm地盤沈下し、とりわけ金磯地区は被害が大きく、元来海抜0mの地帯であるために、水田は全部海面下に沈下して全地域にわたって壊滅した。

現在編集

昭和32年より現在の小松島市の町名となる。昭和45年に小松島市田野町の一部を編入。昭和34年、小松島港拡張計画により1万t岸壁の工事が完成し、1万t級の外国貿易船を受け入れることができるようになった。

交通編集

施設編集

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集