メインメニューを開く

金蓮寺(こんれんじ)は、京都市北区鷹峯藤林町[1]に所在する、時宗四条派本寺の寺院。山号は錦綾山。本尊は阿弥陀如来四条道場とも呼ばれる。

錦綾山金蓮寺
錦綾山太平興國金蓮寺
所在地 京都府京都市北区鷹峯藤林町一の五
(〒603-8445)
山号 錦綾山(きんりょうざん)
院号 十住心院(塔頭の名称)
染殿院(塔頭の名称)
宗旨 時宗浄土教
宗派 四條派
寺格 本寺
本尊 木造地蔵菩薩立像
開山 弘法大師空海
中興 佐々木高道誉
正式名 錦綾山太平興國金蓮寺
別称 祇陀林寺釋迦堂、清和院釋迦堂、四條京極(の)釋迦堂、釋迦院、敬禮寺(敬礼寺、きょうらいじ)、四條道塲、染殿地蔵尊
札所等 洛陽四十八願所地蔵めぐり(京都四十八願寺)36番札所
新京極8社寺
法人番号 7130005002344
テンプレートを表示

由緒編集

寺号の由来編集

歴史編集

応長元年(1311年)、浄阿真観後伏見上皇女御である広義門院の出産に際し、効があり、後の北朝初代光厳天皇が誕生したことから、上皇から四条京極、現在の下御霊神社の北部にあった祇陀林寺を賜り金蓮寺と改めたことに始まる。所在地から「四条道場」とも称される。『一遍聖絵』第七によると、祇陀林寺は境内の釈迦堂に一遍が訪れた一遍ゆかりの故地であった。応永31年(1424年)に四条派として独立し、錦綾山太平興国金蓮寺とも称していた。後には時宗十二派に数えられる。

延元元年(1356年)、佐々木道誉がその宅地を元弘以来の一族の戦死者を弔うために寄進した。元中4年/至徳4年(1387年)、足利義満は、佐々木道誉が寄進した寺地について、安堵の御教書も下して、外護の手を差し伸べる。中世において連歌立花等がなされ、芸能・文化の中心ともなっており[2]、大いに興隆していた。 また、長享3年(1489年)、足利義政の母日野重子の葬儀や、9代将軍足利義尚の葬儀が行われたり、翌年元6代将軍足利義教の荼毘が行われる等、足利将軍家との関係も深い。

しかし時宗遊行派の七条道場金光寺とどちらを本寺・末寺とするか、という確執は根深いものがあった。応永31年(1424年)金光寺との対立から、堂宇を焼失する。ここから「四条派」として独立していく。さらに足利義量没後、実質的に将軍とみられていた足利義持が、金蓮寺を金光寺の末寺とすべきだと勧告したため、信徒が7代浄阿を高野山に追放し、火を放つ。その後も、足利家の葬儀の際に対立を繰り返し、足利義尚の葬儀に金光寺側は参加せず、また足利義教の荼毘は金蓮寺で行われた後、金光寺で行われる。

堂宇は何度も焼失、再建を繰り返す。旧地での最後の火災は元治元年(1864年)の禁門の変の類焼であった。

 
染殿院
 
染殿院 東口

歴代住持浄阿弥陀仏を名乗る。18世紀末から寺域の切り売りがはじまり、売却地に料亭・飲食店・商店・見世物小屋が建ち、明治以降には繁華街と化し、新京極となってしまい、寺自身も往時のおもかげを失い、寺運が傾いてしまった[3]。旧地である中之町(仲之町)には、塔頭の染殿院染殿地蔵院染殿地蔵、そめどのさん)のみが残り、その前に「時宗開祖一遍上人念仏賦算遺跡」の石碑がある。1928年(昭和3年)現在の京都市北区鷹峯に移転している。『浄阿上人絵詞伝』等の多くの什宝を今でも有している。

塔頭編集

所在地編集

染殿院(染殿地蔵院)

外部リンク編集

関連項目編集

脚注編集