金谷 治(かなや おさむ、1920年2月20日 - 2006年5月5日)は、日本東洋学者。専門は、中国哲学、特に中国古代思想史三重県阿山郡上野町(現在の伊賀市)出身。2003年勲二等瑞宝章受章。

金谷 治
かなや おさむ
人物情報
生誕 1920年2月20日
日本の旗 日本 三重県阿山郡上野町
死没 (2006-05-05) 2006年5月5日(86歳没)
出身校 東北帝国大学
関西大学
学問
時代 20世紀 - 21世紀
研究分野 中国哲学
研究機関 東北大学
追手門学院大学
指導教員 石濱純太郎武内義雄
主な指導学生 浅野裕一
学位 文学博士(京都大学)
称号 正四位
勲二等瑞宝章
学会 日本中国学会
日本道教学会
テンプレートを表示

人物・来歴編集

関西大学専門部国漢文専攻科在学中、石濱純太郎に師事。また石濱の勧めにより東北帝国大学に入学。武内義雄に師事[1]。1944年9月、東北帝国大学を繰り上げ卒業後、徴兵される[2][3]。復員後、1961年に「秦漢思想史研究」で文学博士京都大学・番号不明)。のち、武内義雄の後任として東北大学教授に就任[1]

学外では、日本中国学会理事長、日本道教学会会長を務めた。

業績編集

岩波文庫では、現行の『論語』および『孫子』・『荀子』・『荘子』・『韓非子』・『大学中庸』の訳注を刊行。

講談社学術文庫で『易の話 易経と中国人の思考』・『淮南子の思想 老荘的世界』・『老子 無知無欲のすすめ』(訳註解説)・『孔子』(伝記研究、新編『論語』)を再刊。

主著に『管子の研究 中国古代思想史の一面』(岩波書店)。論考集に『金谷治中国思想論集』(全3巻:平河出版社)、『秦漢思想史研究』(東洋學叢書:平楽寺書店)。

略歴編集

著書編集

訳注ほか編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b 武内義雄『中国思想史』講談社学術文庫、2022年。335頁(浅野裕一解説)
  2. ^ 内藤幹治 (2008). “金谷治先生のプロフィールと「金谷文庫」開設の次第”. 東北大学附属図書館報「木這子」 33: 16-17. ISSN 0385-7506. http://www.library.tohoku.ac.jp/about/kiboko/33-3/kbk33-3.pdf 2021年1月13日閲覧。. 
  3. ^ 中嶋隆蔵 (6 2007). “金谷治先生の治学方法”. 臺灣東亞文明研究學刊 4: 165-177. http://tjeas.ciss.ntnu.edu.tw/zh-tw/shared/redirect/71?folder=journals&file=4-1-9.pdf 2021年1月13日閲覧。. 
  4. ^ 金谷 治(かなや・おさむ 1920-2006)関西大学 東西学術研究所 2020年6月18日閲覧
  5. ^ 他に「韓非子」抜粋を町田三郎と共編訳

外部リンク編集