メインメニューを開く

金谷治

金谷 治(かなや おさむ、1920年2月20日 - 2006年5月5日)は、日本の東洋学者。専門は中国哲学、特に中国古代思想史三重県伊賀市出身。

目次

業績編集

岩波文庫版で、現行の『論語』および『孫子』・『荀子』・『荘子』・『韓非子』・『大学中庸』の訳注書を刊行。

講談社学術文庫で、『易の話 易経と中国人の思考』・『淮南子の思想 老荘的世界』・『老子 無知無欲のすすめ』(訳註解説)・『孔子』(伝記研究、新編『論語』)を再刊している。

主著に、『管子の研究 中国古代思想史の一面』(岩波書店

論考集に、『金谷治中国思想論集』(全3巻:平河出版社)、『秦漢思想史研究』(東洋學叢書:平楽寺書店

略歴編集

著書編集

  • 「老荘的世界」 平楽寺書店〈サーラ叢書〉 1959 /「淮南子の思想」講談社学術文庫 1992
  • 「秦漢思想史研究」 日本学術振興会 1960 / 平楽寺書店〈東洋學叢書〉 1992
  • 孟子岩波新書 1966 復刊1988ほか
  • 「論語の世界」 日本放送出版協会NHKブックス〉1970、のち新装版 ※ 
  • 「易の話」 講談社現代新書 1972 / 「易の話-『易経』と中国人の思考」講談社学術文庫 2003
  • 「孔子」 講談社「人類の知的遺産4」 1980 / 講談社学術文庫 1990、文庫版は伝記を再編
  • 「死と運命-中国古代の思索」 法蔵館〈法蔵選書〉 1986。論文集 
  • 管子の研究 中国古代思想史の一面」 岩波書店 1987
  • 「老子 〈無知無欲〉のすすめ」 講談社(中国の古典) 1988 / 講談社学術文庫 1997
  • 「老荘を読む」 大阪書籍(朝日カルチャーブックス) 1988 / 「老荘思想がよくわかる本」 新人物文庫 2012 ※
  • 「中国思想を考える 未来を開く伝統」 中公新書 1993 ※
  • 「中国古代の自然観と人間観 金谷治中国思想論集 上巻」 平河出版社 1997
  • 「儒家思想と道家思想 金谷治中国思想論集 中巻」 平河出版社 1997
  • 「批判主義的学問観の形成 金谷治中国思想論集 下巻」 平河出版社 1997
  • 「論語と私」 展望社 2001。論文集
  • 孫臏兵法―もうひとつの<孫子>」 ちくま学芸文庫 2008(元版は東方書店 1976) 
  • 「中国における人間性の探究」(編著) 創文社 1983
  • 「諸子百家争鳴」(共著)、中央公論新社中公クラシックス別冊〉 2007
    元版は「世界の名著 諸子百家」解説、※は講演・講話をもとにした出版

訳注ほか編集

外部リンク編集