金農旋風(かなのうせんぷう)は、2018年8月に行われた第100回全国高等学校野球選手権記念大会における秋田代表金足農業高校の快進撃と、それに伴う社会現象である。

概要編集

2018年の第100回全国高等学校野球選手権記念大会において、秋田代表として出場した秋田県立金足農業高校が数々の劇的な試合展開によって快進撃を続けた。金足農業が「公立農業高校」であることや金足農業の選手全員が「地元出身」であったこと、甲子園大会での対戦校が全て「甲子園常連校」として全国的に有名でありかつ甲子園大会決勝進出の実績を持つ「私立高校」であったことなどが、金農旋風を巻き起こす要因となった[1]。「金農」は金足農業の通称である。

ただし、金足農業自体も今回を含め3回、夏6回の合わせて9回の甲子園大会出場を誇り(1984年夏ベスト4、1995年夏ベスト8)、多くのプロ野球選手[注 1]を輩出してきた秋田県内屈指の強豪校として知られる高校である上[2]、特にエース投手であった吉田輝星はドラフト候補として下級生の頃から注目を集めていた。また、この年の秋田大会では第1シードとして出場しており[3]、同じくドラフト候補であった山口航輝を擁する明桜高校と並んで優勝候補と目されていたこともあって[2]、一般的な「地方の公立高校」というイメージ[4]とは一線を画す存在であった。

地方大会編集

  • 7月12日 - 雨で順延で1日遅れで開幕。
  • 7月15日 - 2回戦・秋田北鷹に2-0で勝利[5]
  • 7月18日 - 3回戦・能代に4-3で勝利[6]
  • 7月20日 - 準々決勝・秋田商業に7-0で勝利[7]
  • 7月23日 - 準決勝・由利に7-4で勝利[8]
  • 7月24日 - 決勝・明桜に2-0で勝利[9]

組み合わせ抽選会が8月2日大阪市フェスティバルホールで行われ、初戦は鹿児島実業高等学校に決まった。

甲子園大会編集

1回戦 - 対鹿児島実編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
鹿児島実 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 9 1
金足農 0 0 3 0 0 0 0 2 X 5 12 1
  1. 鹿 : 吉村、立本、吉村 - 西村、益満
  2. 金 : 吉田 - 菊地亮
  3. 試合時間:2時間9分

8月8日の第一試合、鹿児島代表鹿児島実業戦。3回にスクイズとタイムリーで先制し、その後も追加点を重ねると、投げては吉田が9回14奪三振1失点の好投で5-1で初戦突破。秋田県勢としても3年ぶりの夏1勝となった。

[詳細 1]

2回戦 - 対大垣日大編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
金足農 1 2 0 0 0 0 0 1 2 6 9 1
大垣日大 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3 6 0
  1. 金 : 吉田 - 菊地亮
  2. 大 : 内藤、杉本 - 日高
  3. 試合時間:1時間59分

8月14日の第二試合、岐阜代表大垣日大戦。序盤は両校とも点を取り合ったものの、その後は両校得点なく同点のまま終盤を迎えた。8回、大友が勝ち越しの本塁打を放って1点をリード。援護をもらった吉田は相手打線を6安打3失点13奪三振に封じ、さらなる得点で6-3で勝利。

[詳細 2]

3回戦 - 対横浜編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
横浜 2 0 0 0 0 1 1 0 0 4 12 0
金足農 0 0 2 0 0 0 0 3 X 5 8 1
  1. 横 : 板川 - 角田
  2. 金 : 吉田 - 菊地亮
  3. 試合時間:1時間53分

8月17日の第二試合、南神奈川代表であり、優勝経験を持つ古豪・横浜戦。1回に先制を許したものの、3回に吉田の2ランで同点に追いつく。しかしその後勝ち越しを許すなど、金足農が劣勢にまわる展開が続くが、8回裏、高橋が逆転の3ランを放つ。高橋は高校に入って初めてのホームランであった。

9回には吉田が150キロを記録する速球で相手打線を三者連続三振で抑え、横浜に5-4で勝利し、23年ぶりのベスト8。吉田はこの試合で14個の三振を奪った。

[詳細 3]

準々決勝 - 対近江編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
近江 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2 7 2
金足農 0 0 0 0 1 0 0 0 2x 3 8 2
  1. 近 : 佐合、林 - 有馬
  2. 金 : 吉田 - 菊地亮
  3. 試合時間:1時間47分

8月18日の第四試合、滋賀代表近江戦。ロースコアの投手戦となる中、1点ビハインドで迎えた9回裏、無死満塁から9番斎藤が2ランスクイズを決め3-2で逆転サヨナラ勝ち。1984年第66回大会以来となるベスト4進出。吉田はこの試合でも10個の三振を奪い、これで初戦から4試合連続の2桁奪三振となった。このスクイズは大会史上初となる逆転サヨナラツーランスクイズで、大きな話題となる。

[詳細 4]

準決勝 - 対日大三編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
金足農 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2 10 2
日大三 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 9 0
  1. 金 : 吉田 - 菊地亮
  2. 日 : 広沢、河村、井上 - 佐藤英
  3. 試合時間:2時間13分

8月20日の第一試合、西東京代表日大三戦。日大三は、その年のセンバツで秋田の由利工業を倒した相手でもあった。始球式は1984年の大会で対戦した桑田真澄が登板。試合は金足農が初回に先制すると5回にも追加点を奪う。それに対し日大三は4回以降の7安打は全て単打であり、8回に1点を返すにとどまった。秋田県勢としては第1回全国中等学校優勝野球大会以来となる103年ぶり、農業高校としては第17回全国中等学校優勝野球大会嘉義農林以来となる87年ぶりの決勝進出となった。

[詳細 5]

決勝 - 対大阪桐蔭編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
金足農 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 5 1
大阪桐蔭 3 0 0 3 6 0 1 0 X 13 15 0
  1. 金 : 吉田、打川 - 菊地亮
  2. 大 : 柿木 - 小泉
  3. 試合時間:2時間12分

8月21日、決勝の相手はの覇者でもある北大阪代表大阪桐蔭。金足農にとっては、1984年の準決勝(PL学園戦)以来の大阪代表校との対戦となった。吉田は初回に3点を失い、この回だけで球数が35球を数えた。3回に1点を返したものの、4回、吉田にとって大会初被本塁打となる宮崎仁斗の3ランで突き放されると、5回には根尾昂の2ランなど7長短打を浴びて6点を失い、この回限りで降板。最終的に2-13で大敗した。大阪桐蔭はこの勝利によって2度目の春夏連覇を達成した。

[詳細 6]

大会後のナイン編集

エピソード編集

  • 試合を中継してきたNHK秋田や秋田大会を放送する地元テレビ朝日系列局・秋田朝日放送[注 2]のみならず、秋田テレビ秋田放送[注 3]エフエム秋田の県内他局も大々的に報道。秋田に系列局のないTBSまでニュースや情報番組で時間をさいた。帰郷当日は日本テレビ系「ミヤネ屋」・フジテレビ系「グッディ!」では選手を乗せた飛行機が秋田空港に到着する瞬間を生中継。各局の夕方全国ニュースのトップも飾るなど、2度目の春夏連覇を達成し開幕前から大本命に推された大阪桐蔭をはるかにしのぐ注目を集めることになった。
  • 高校野球情報誌の「報知高校野球」は空前の金足農フィーバーを受け同誌初の試みとして選手権大会詳報号(2018年9月号)に大阪桐蔭・金足農両校の選手が登場する2種類の表紙を設定、2バージョンで発売した。
  • 決勝戦当日 (8月21日) は本来、金足農業高校の始業式であったが、県勢103年ぶりの決勝進出を受けて臨時休校となった[11]
  • 甲子園大会を勝ち進んでいくにつれて、応援団の遠征資金が不足する事態となり、OB会を中心に賛助金の呼びかけが行われた[12]。結果、全国から2億円超の賛助金が集まった[13]
  • 金足農業高校の決勝進出を受けて、日本航空秋田-伊丹の臨時便を設定した[14]
  • 決勝の日、秋田市の最高気温は35.3度を記録した[15]エリアなかいちのパブリックビューイングには大量に人が集まった。
  • 決勝に進むにつれ、秋田県内の企業や店舗のツイッターで「ああああああああ」などと興奮を隠さないつぶやきが続発[16][17]
  • 金足農の活躍にはツイッターのハッシュタグで「平成最後の百姓一揆」というキャッチフレーズがついた。また21世紀の絶対王者と称される超名門・大阪桐蔭との決勝戦を例えたものとして「農道を走る戦車とトラクター」という画像も出回った。
  • 追分地区の商店街や居酒屋では「祝 準優勝」という垂れ幕を掲げ、割引のサービスなども行った。
  • 学校の見学に全国から集まり、例年行われていた文化祭の一般公開が中止になった[18]
  • 秋に秋田市で行われた種苗交換会で吉田の祖父が作った果物が受賞し、見学者が多数集まった[19]
  • ローソンが産学連携事業でかつて販売していた「金農パンケーキ」が復活。品切れが続発した[20]
  • 県民栄誉賞の授賞式は公開で行われたが、抽選倍率は13倍であった。
  • 吉田の仮契約と入団会見はセリオンで行われ、タワーのガラスにサインをしたがこちらも来場者が増加した。
  • 2018年の流行語大賞に「金足農旋風」の名でノミネートされた。

批判・影響・問題点編集

選手の起用法について
全国的に盛り上がりを見せ、レギュラーメンバー9人を一切交代させずに固定する起用法に対して「結束の象徴」「昭和の"レトロ"野球」などとする賞賛の声が挙がる中で[21][22]、エースである吉田が決勝戦の5回で交代するまで地方大会・本大会合わせて10試合を1人で投げ、最終的に全11試合の登板で合計1517球という球数を投じる[23]という事態となったことについて「投球過多」「酷使」「虐待」など批判が多く集まり[24][25][26][27]、一連の報道や盛り上がりはこれらを「美化」するものであるとの指摘もあった[28][29]
これは、かねてからしばしば議論となっていたアマチュア野球における投手の球数制限に対して議論を加速させるきっかけともなり[30][31]、同年12月には新潟県の高校野球連盟が2019年4月開催の春季新潟大会において、1試合100球を限度とする球数制限を導入することを決定[32]。これについては2019年2月に開かれた日本高校野球連盟の理事会でも議題に上がることとなった他[33][34][注 4]、2019年4月には日本高野連を中心とした「投手の障害予防に関する有識者会議」が発足するまでに事態が発展した[36][37]
メディア・報道について
また、先述の通り野球とは無関係であるはずの秋田県に関する出来事や話題までもが金農業旋風に乗じて連日テレビ番組や新聞などで取り上げられることとなり、地元PRへ大きく貢献したとされる一方で[38][39]、その様からマスメディアのあり方さえもが問われることとなった[25]。さらに、先述したような「地方の公立高校」というイメージが先行したことによりSNSなどでは多数のデマが拡散された[40]
デマの中には大手新聞社の記事が発端となったものも存在する。金足農業が甲子園出場を決めた際、産経新聞のみが同社のウェブ上に実際には在学経験のない秋田県出身の女優でモデルの佐々木希が同校出身であるとする記事を掲載している[41]。大会開幕後もこの記事が修正されることはなかった。同校が決勝進出を決めた際、佐々木は自身のInstagramに祝福のコメントを投稿したが、これを報じた産経新聞は見出しを「金足農中退の」とし、再び佐々木が同校出身とする記事を掲載した[42]。これによりさらに誤情報が拡散することとなり、佐々木の所属事務所(トップコート)は産経新聞と同じフジサンケイグループ夕刊フジの取材に対し在学を否定するコメントを発表した[43]。その後、産経新聞の記事から該当の記述が削除されたが、この件に関して産経新聞社からの謝罪・訂正等はなされておらず、また同社がこうした記事を掲載するに至った経緯も不明である。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1988年セ・リーグ最多勝投手である小野和幸など。
  2. ^ 決勝進出を受けBS朝日の視聴可能世帯増加の関係で2015から地上波全国放送が開会式前半のみになった朝日放送テレビ制作のテレビ朝日グループ向け中継の緊急ネットを実施した。
  3. ^ 秋田朝日放送開局まで秋田テレビと共同で秋田大会を中継。決勝戦地上波全国放送や「熱闘甲子園」はこの局で放送した。
  4. ^ この結果、新潟高野連は当該大会での球数制限導入を見送ることを決定している[35]

出典編集

  1. ^ 金足農業、日本国民の心をこんなにガッチリ掴んだ足跡 ダイヤモンド・オンライン 2018年8月24日
  2. ^ a b 吉田輝星も流れを汲むか…金足農は伝統的に好投手輩出 過去には最多勝投手も Full-count 2018年8月25日
  3. ^ 第100回全国高等学校野球選手権記念秋田大会組み合せ(勝ち上がり) 秋田県高等学校野球連盟 2019年2月28日
  4. ^ 甲子園、「公立高校」金足農の「漫画みたいな逆転劇」連発に秋田県民が歓喜 ビジネスジャーナル 2018年8月20日
  5. ^ 夢球場2018 7月15日”. 2019年1月12日閲覧。
  6. ^ 夢球場2018 7月18日”. 2019年1月22日閲覧。
  7. ^ 夢球場2018 7月20日”. 2018年1月12日閲覧。
  8. ^ 夢球場2018 準決勝”. 2019年1月12日閲覧。
  9. ^ 夢球場2018 決勝”. 2019年1月12日閲覧。
  10. ^ 金足農に秋田県県民栄誉賞 輝星「今度は自分で活躍してもらいたい」”. 2019年1月12日閲覧。
  11. ^ 金足農、異例の始業式延期 生徒の多くが甲子園で応援中”. 2019年2月18日閲覧。
  12. ^ 金足農お金が足りない…OBら賛助金の寄付呼びかけ”. 2019年2月18日閲覧。
  13. ^ 「金足農」全国から寄付金2億円超 校長「もう大丈夫ですから…」”. 2019年2月18日閲覧。
  14. ^ 「金足農の健闘祈っています」機内アナウンスに拍手喝采”. 2019年2月18日閲覧。
  15. ^ 秋田 アキタ”. 2019年1月12日閲覧。
  16. ^ 【甲子園】金足農業高校の勝利に「AAB秋田朝日放送」のTwitterがぶっ壊れる”. 2019年1月12日閲覧。
  17. ^ 金足農業の快進撃で「壊れた」のは、AAB秋田朝日放送だけではなかった”. 2019年1月12日閲覧。
  18. ^ 金足農の文化祭、一般公開中止 問い合わせ殺到「危険」”. 朝日新聞. 朝日新聞社 (2018年9月19日). 2019年7月4日閲覧。
  19. ^ 金農・吉田投手のおじいさんも快挙 種苗交換会で県知事賞”. 2019年1月12日閲覧。
  20. ^ 【秋田で大人気】金足農業開発「金農パンケーキ」がなかなか買えない話”. 2019年1月12日閲覧。
  21. ^ 「みんなで金足農に行こう」選手交代ゼロ、無類の結束力 朝日新聞デジタル 2018年8月21日
  22. ^ 平成最後に「金農旋風」 記者が感じた、昭和っぽい野球 朝日新聞デジタル 2019年1月1日
  23. ^ 金足農・吉田輝星、投げ抜いた1517球「全く歯が立たなかった 完全に力負け」 スポーツ報知 2018年8月22日
  24. ^ 高校野球の呪い「酷使病」──アマチュアスポーツの“素人性”が引き起こした金足農・吉田輝星投手の悲劇(松谷創一郎) Yahoo!ニュース 2018年8月31日
  25. ^ a b 金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧 日刊ゲンダイDIGITAL 2018年8月22日
  26. ^ 全文表示 | 金足農エース連投「米国では虐待と...」 八代弁護士が苦言 J-CASTニュース 2018年8月22日
  27. ^ 元メジャー右腕が金足農・吉田を絶賛も… 3戦150球超えに「心配ですね」 Full-count 2018年8月17日
  28. ^ 橋下徹氏、金足農・吉田の熱投“美談”で問題提起 日刊スポーツ 2018年8月22日
  29. ^ 金足農「投手の玉砕」を賞賛する甲子園の病 | 日本野球の今そこにある危機 東洋経済オンライン 2018年8月22日
  30. ^ 甲子園で球数制限しない理由は無い!天才と2番手投手の双方に利点アリ。 Number Web 2018年8月27日
  31. ^ 吉田輝星のおかげ?高野連が「1試合100球限定」を正式協議へ ニフティニュース 2019年2月10日
  32. ^ 日本高野連から歓迎されなくても、新潟県が球数制限を導入した重み。 Number Web 2018年12月26日
  33. ^ 日本の「球数制限」議論に米メディアも関心 松坂、斎藤佑、吉田輝の例も紹介 Full-count 2019年2月24日
  34. ^ ピッチャーの故障予防へ、有識者会議設置 日本高野連 朝日新聞デジタル 2019年2月21日
  35. ^ 新潟県高野連 春季大会での球数制限導入を見送り - 高校野球 日刊スポーツ 2019年3月16日
  36. ^ 高野連、「投手の障害予防に関する有識者会議」発足へ 球数制限、新潟に再考要請 SANSPO.COM 2019年2月20日
  37. ^ 委員に小宮山氏ら13人 「投手の障害予防」有識者会議 - 高校野球 朝日新聞デジタル 2019年3月22日
  38. ^ 金足農・吉田投手がプロ宣言、地域PR効果は70億円という試算も。あきたこまちも爆売れ BUSINESS INSIDER JAPAN 2018年10月12日
  39. ^ <寄稿>秋田県立 金足農業高等学校の活躍による地域PR効果 機関誌「あきた経済」-秋田経済研究所 2019年2月24日閲覧
  40. ^ この記事をシェアすることで、金足農業のデマを減らせるかもしれない BuzzFeed News 2018年8月27日
  41. ^ 【高校野球】秋田・金足農11年ぶり甲子園 桑田・清原追い詰めた旋風の再来なるか 産経新聞 2018年7月4日、当該記述は削除済
  42. ^ 【夏の甲子園】佐々木希さん「感動をありがとう!」 秋田出身著名人がSNSで続々発信 産経新聞 2018年8月20日、当初は「金足農中退の佐々木希さん~」という記事タイトルであった
  43. ^ 金足農の躍進で思わぬ余波? 佐々木希「金足農出身ではありません」 zakzak 2018年8月21日

スコア詳細情報編集

関連項目編集