メインメニューを開く

金関 恕(かなせき ひろし、1927年11月19日 - 2018年3月13日[1])は、日本の考古学者天理大学名誉教授[2]

金関 恕
人物情報
生誕 (1927-11-19) 1927年11月19日
日本の旗 日本京都市
死没 2018年3月13日(2018-03-13)(90歳)
出身校 京都大学
学問
研究分野 考古学
研究機関 天理大学
テンプレートを表示

略歴編集

京都市生まれ。1936年、医学博士で考古学の研究にも大きな業績を残した父親金関丈夫台北帝国大学就任にともない台北に転居。父親の考古学発掘調査を手伝ってその面白さに魅了される。

旧制松江高等学校を経て、1953年京都大学文学部考古学専攻を卒業。同大学院をへて1956年奈良国立文化財研究所臨時筆生。その間、山口県土井ヶ浜遺跡、梶栗浜遺跡など弥生時代の遺跡や奈良県飛鳥寺大阪市四天王寺の発掘調査に参加。

1959年天理大学に勤務。同大学文学部教授。大学では日本オリエント学会主催のイスラエル、テル・ゼロール遺跡の発掘調査に参加。その後「聖書考古学発掘調査団」を組織してエン・ゲヴ遺跡の発掘調査を実施。

1991年大阪府立弥生文化博物館館長。2003年、「大阪文化賞」を受賞[3]

2018年3月13日午後7時53分、心不全のため、奈良県天理市病院死去[1]。90歳没。

著書編集

  • 『考古学は謎解きだ』東京新聞出版局 1999
  • 『弥生の習俗と宗教』学生社 2004
  • 『弥生の習俗と宗教 2』金関恕先生の米寿をお祝いする会 2015
  • 『弥生の木の鳥の歌 習俗と宗教の考古学』雄山閣 2017
  • 『考古学と精神文化』桑原久男編. 雄山閣 2017

共編著編集

記念論文集編集

  • 『宗教と考古学』金関恕先生の古稀をお祝いする会編 勉誠社 1997

関連項目編集

脚注編集