メインメニューを開く

金閣寺 (映画)

1976年公開の日本映画、高林陽一監督

金閣寺』(きんかくじ)は、1976年(昭和51年)7月17日公開の日本映画三島由紀夫の同名小説『金閣寺』を、高林陽一監督が映画化したもので、市川崑監督の『炎上』(1958年)に次ぐ2度目の映画化作品[1]。惹句は、「有為子よ死ね! 金閣よ燃えろ! 滅びの美学と官能に彩られた三島文学の金字塔」である[2]。1976年度のキネマ旬報ベストテンでは圏外の第19位となった[3][4]

金閣寺
監督 高林陽一
脚本 高林陽一
原作 三島由紀夫
製作 高林輝雄
西岡善信
出演者 篠田三郎
柴俊夫
撮影 森田富士郎
製作会社 たかばやしよういちプロダクション
映像京都
ATG
配給 ATG
公開 日本の旗 1976年7月17日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

全体的に空虚感と緊張感が漂うタッチとなっており、カラーと白黒が入り混じる構成が見られる。金閣炎上と三島の自決の時代に共にあった高林監督自身による渾身の映像化作品として知られる。当時としては過激とも考えられる市原悦子などの濡れ場や、戦中戦後の生活様式が垣間見られるものである。劇中では『エリーゼのために』のオルゴール版が使われている。

ストーリー編集

金閣寺に対する偏愛と性的趣向を持つ溝口が戦中戦後の動乱の中で狂気に犯されていく。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 山中剛史「映画化作品目録――金閣寺」(42巻 2005, p. 878)
  2. ^ allcinema「金閣寺」
  3. ^ 「昭和51年」(80回史 2007, pp. 232-239)
  4. ^ 「1976年」(85回史 2012, pp. 334-342)

参考文献編集

  • 『決定版 三島由紀夫全集42巻 年譜・書誌』 新潮社、2005年8月。ISBN 978-4106425820 
  • 井上隆史; 佐藤秀明; 松本徹編 『三島由紀夫と映画』 鼎書房〈三島由紀夫研究2〉、2006年6月。ISBN 978-4907846435 
  • 『キネマ旬報ベスト・テン80回全史 1924-2006』 キネマ旬報社キネマ旬報ムック〉、2007年7月。ISBN 978-4873766560 
  • 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』 キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月。ISBN 978-4873767550 

外部リンク編集