メインメニューを開く

釜山鎮駅(プサンジンえき)は大韓民国釜山広域市東区佐川洞にある、韓国鉄道公社(KORAIL)の。現在は貨物専用駅となっている。

釜山鎮駅
貨物用の駅舎(2008年撮影)
旅客用で使用した駅舎(2008年撮影)
1段目:貨物用の駅舎(2008年撮影)
2段目:旅客用で使用した駅舎(2008年撮影)
부산진
プサンジン
Busanjin
所在地 大韓民国の旗釜山広域市東区中央大路 380(佐川洞 1164-2)
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 グループ代表駅
駅等級 2級
ホーム 地上駅
開業年月日 1905年1月1日
乗入路線 3 路線
所属路線 京釜線
キロ程 439.9km(ソウル起点)
沙上 (9.6km)
(1.8km) 釜山
所属路線 東海線(旧東海南部線
キロ程 0.0km(釜山鎮起点)
(2.1km) 凡一
所属路線 牛岩線
キロ程 0.0km(釜山鎮起点)
(2.4km) 牛岩
備考 貨物専用駅・旅客乗降不可
釜山鎮駅
各種表記
ハングル 부산진역
漢字 釜山鎭驛
平仮名
(日本語読み仮名)
ふざんちんえき
片仮名
(現地語読み仮名)
プサンジンニョク
英語 Busanjin Station
テンプレートを表示

目次

接続する鉄道路線編集

韓国鉄道公社
京釜線 
東海線(旧東海南部線) - 当駅 - 釜田駅間は貨物のみ
牛岩線(貨物線)

概要編集

過去には緩行列車の始終着駅として釜山市内では釜山駅に次ぐ旅客需要があった駅である。2004年KTX開通に伴う運行系統見直しによって、旅客取り扱いの機能のほとんどが釜田駅に移行したことにより、停車本数が激減し乗客人数が大幅に減った。2005年4月1日に旅客営業を中止したが、貨物の需要を増加させ、釜山で非常に重要な貨物取扱駅としての機能を果たしている。なお、かつての旅客ホーム付近には、京釜高速線金井トンネルの入口が建設されている。

なお、2019年より着手される鉄道施設再配置事業(2030年完了目標)により、将来的に当駅のコンテナヤード機能を釜山新港線釜山新港駅に移転する計画がある[1]


駅周辺編集

当駅は釜山鎮区ではなく東区に位置する。

歴史編集

隣の駅編集

韓国鉄道公社
京釜線(全列車通過)
沙上駅 - 釜山鎮駅 - 釜山駅
東海線(旧東海南部線)
釜山鎮駅 - 凡一駅
牛岩線
釜山鎮駅 - 牛岩駅

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集