メインメニューを開く
国道205号標識

針尾バイパス(はりおバイパス)は、長崎県佐世保市内を南北に縦貫する、国道205号バイパス道路西彼杵道路の北部の一部を構成する。これまでの早岐地区の国道35号国道202号、国道205号は交通量が集中して渋滞が激しかったが、本道の開通により解消された。また本道の開通により、205号は針尾島を経由するようになった。 これにより、国道205号の早岐地区の区間は長崎県道222号平瀬佐世保線(一部区間)、長崎県道248号崎岡町早岐線にそれぞれ格下げされた。 バイパス側も年々交通量が増加してきたため、混雑対策として早岐瀬戸大橋から有福南ICまで4車線化され、その後も拡張工事が進められ、現在は江上交差点まで4車線化している。 それより先は暫定2車線である。

目次

概要編集

  • 距離:5.9km
  • 起点:佐世保市大塔町(佐世保大塔IC/JCT/大塔ロータリー交差点)
  • 終点:佐世保市南風崎町(針尾橋交差点=長崎県道213号南風崎停車場指方線交点)

接続路線編集

インターチェンジなど編集

  • 佐世保大塔IC/JCT(E35 西九州自動車道武雄JCT方面へのICは計画中)
  • 有福北IC(北行き出入口)
  • 有福南IC(北行き出入口)
  • 江上交差点(将来は立体化予定)
  • 崎岡IC(現道に接続)
  • この間計画(未供用)
  • 西彼杵道路指方IC)

橋梁編集

  • 早岐瀬戸大橋

周辺編集

外部リンク編集