メインメニューを開く

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪♪

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪♪』(つりバカにっしじゅうろく はまさきはきょうもダメだった)は、2005年8月27日公開の日本映画。映画『釣りバカ日誌』シリーズ第18作(レギュラーシリーズ第16作)。

釣りバカ日誌16
浜崎は今日もダメだった♪♪
監督 朝原雄三
脚本 山田洋次
石川勝己
平松恵美子
原作 やまさき十三(作)
北見けんいち(画)
出演者 西田敏行
三國連太郎
音楽 信田かずお
主題歌 西田敏行
「とりあえずは元気で行こうぜ」
撮影 近森眞史
編集 石島一秀
配給 松竹
公開 日本の旗 2005年8月27日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 5.8億円[1]
前作 釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?
次作 釣りバカ日誌17 あとは能登なれハマとなれ!
テンプレートを表示

サブタイトルは内山田洋とクール・ファイブの歌「長崎は今日も雨だった」のパロディ。

目次

あらすじ編集

佐世保へ出張することになった浜崎(西田)と社長の鈴木(三國)。だが浜崎は仕事そっちのけで、偶然知り合った米軍基地に勤めるボブ(ボビー・オロゴン)と釣りを楽しむ。その夜、酒を飲みに街へ繰り出した浜崎は消息を絶ってしまう。実は、浜崎は米軍のイージス艦に迷い込みハワイへ向かっていた。そんなこととはつゆ知らず、浜崎と連絡の取れないまま帰京した鈴木は、彼が行方不明と知り大騒ぎする。

キャスト編集

浜崎家
鈴木家
メインゲスト
  • 河口美鈴(達也の恋人、達也行きつけの店の看板娘) - 伊東美咲
  • 久保田達也(久保田工業社長子息・鈴木建設長崎支店設計部) - 金子昇
鈴木建設
その他

スタッフ編集

ロケ地編集

釣果編集

その他編集

  • 本作ではシリーズでおなじみの鈴木建設社歌(作曲:久石譲)が鈴木建設社歌II(作曲:信田かずお)となり、オープニングではミュージカルを意識したような演出がなされた。
  • 本作において「第二西海橋」を鈴木建設が施工したという設定で新西海橋にてロケが行われた。当時は未完成である連結式のシーンであるが、実際の連結式当日に引き続いてロケが行われ、そちらに出席した金子原二郎長崎県知事と光武顕佐世保市長(いずれも当時)がそのまま来賓役で登場している。

脚注編集

  1. ^ 「2005年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」『キネマ旬報2006年平成18年)2月下旬号、キネマ旬報社、2006年、 178頁。

関連項目編集

外部リンク編集