メインメニューを開く

釣りバカ日誌5』(つりバカにっしファイブ)は、1992年12月25日公開の日本映画。『釣りバカ日誌』シリーズ第5作。同時上映は「男はつらいよ 寅次郎の青春」。

釣りバカ日誌5
監督 栗山富夫
脚本 山田洋次
高橋正圀
関根俊夫
原作 やまさき十三(作)
北見けんいち(画)
出演者 西田敏行
三國連太郎
音楽 かしぶち哲郎
撮影 安田浩助
編集 鶴田益一
配給 松竹
公開 日本の旗 1992年12月25日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 14億5000万円[1]
前作 釣りバカ日誌4
次作 釣りバカ日誌6
テンプレートを表示

目次

概要編集

伝助の母たきが鯉太郎の育児のために上京するも、ぎっくり腰のためにそれができなくなってしまう。みち子が同窓会で不在のため、伝助は社内に鯉太郎を連れて行くが、その際起こったトラブルをユーモラスに描く。

作中には鯉太郎のおむつ交換の描写における陰部の露出や放尿シーンなど、2016年現在は不適切と思われる描写もあるが「公開当時の状況を尊重するため」としてソフト化に際してこのシーンがカットされるようなことはなかった。

キャスト編集

浜崎家
メインゲスト
鈴木建設
その他
  • 太田八郎(ハマちゃんの隣人) - 中本賢
  • 須本(すっぽん養殖場の前担当者) - 神戸浩

スタッフ編集

ロケ地編集

受賞歴編集

脚注編集

外部リンク編集