メインメニューを開く

釧路の夜』(くしろのよる)は、1968年7月1日に発売された美川憲一の11作目のシングル

釧路の夜
美川憲一シングル
A面 釧路の夜
B面 女のつよがり
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲
レーベル クラウンレコード
作詞・作曲 宇佐英雄(作詞/作曲)
井上忠也(編曲)
チャート最高順位
美川憲一 シングル 年表
湯の街艶歌
(1968年)
釧路の夜
(1968年)
桜木町ブルース
(1968年)
テンプレートを表示

目次

解説編集

本楽曲は「柳ヶ瀬ブルース」、「新潟ブルース」と並ぶ、美川憲一のご当地ソングシリーズのヒット曲として名高い。作詞・作曲は「柳ヶ瀬ブルース」と同じ宇佐英雄である。売上枚数は44.5万枚。本楽曲で美川は第19回NHK紅白歌合戦1968年)に初出場を果たす。

本楽曲をモチーフとして、1968年に松竹により井上梅次メガホンを執り、栗塚旭主演にて同名タイトルの映画を製作・公開した。この映画には美川自身も歌手役で出演している。舞台となった北海道釧路市幣舞橋袂に、『釧路の夜』歌碑が建立されている[1]

収録曲編集

  1. 釧路の夜
    作詞/作曲:宇佐英雄 編曲:井上忠也
  2. 女のつよがり
    作詞:杉本好美 作曲/編曲:井上忠也

カバー編集

  • 2004年、五木ひろし(アルバム「長崎・よこはま・みなと唄」収録)

脚注編集

  1. ^ 釧路の歴史を探訪 釧路市産業振興部観光振興室 - くしろ観光情報