釧路市立博物館(くしろしりつはくぶつかん)は、北海道釧路市にある博物館。釧路市埋蔵文化財調査センターを併設している。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 釧路市立博物館
Kushiro City Museum
Kushiro Museum.jpg
釧路市立博物館
釧路市立博物館の位置(北海道内)
釧路市立博物館
北海道内の位置
施設情報
前身 釧路市立郷土博物館
館長 白幡敏弘[1]
事業主体 釧路市
建物設計 毛綱毅曠
開館 1983年(昭和58年)11月3日
所在地 085-0822
北海道釧路市春湖台1-7
位置 北緯42度58分27.1秒 東経144度24分12.8秒 / 北緯42.974194度 東経144.403556度 / 42.974194; 144.403556座標: 北緯42度58分27.1秒 東経144度24分12.8秒 / 北緯42.974194度 東経144.403556度 / 42.974194; 144.403556
外部リンク 釧路市立博物館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

来歴編集

1936年昭和11年)7月14日釧路市役所(先代庁舎)水道建設事務所2階フロア内に設けられた「釧路市立郷土博物館」が前身。

丸三鶴屋百貨店への臨時移設を経て、1949年(昭和24年)には鶴ヶ岱公園に当時の釧路市警察署の建物を移転・改築し、展示活動を行った。

1965年(昭和40年)に「博物館移築促進期成会」が発足。1977年(昭和52年)に「釧路市埋蔵文化財調査センター」を春採湖畔に設置、1983年(昭和58年)11月3日に建物が完成し、「釧路市立博物館」として開館した[2]

概要編集

建物はタンチョウが翼を広げた姿をイメージして作られた。設計は釧路市出身の毛綱毅曠によるもので、1984年(昭和59年)に第36回日本建築学会賞を受賞している。

「マンモスのふみしめた大地」「タンチョウをはぐくむ釧路湿原」「海霧につつまれた自然と人びとがおりなす歴史」をテーマに、釧路の自然と歴史「アイヌ文化の常設展示」に関連した約4100点の展示物を取り扱っている[3]

常設展示では、「サウンド・スケープ一音の風景一」という音楽で各展示のテーマを表現する試みがなされている[4]

交通編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ アイヌ木綿衣、世界最古級か”. 朝日新聞 (2017年1月16日). 2018年3月29日閲覧。
  2. ^ 釧路市ホームページ 博物館の生い立ち
  3. ^ 文化遺産オンライン 釧路市立博物館
  4. ^ 釧路市ホームページ 常設展示のご案内

関連項目編集

外部リンク編集