メインメニューを開く

鈴木 健(すずき けん、1966年9月3日 - )は、日本編集者ライター、表現ジャンルライター、プロレス解説者・実況者。本名は鈴木 健(すずき けん)。東京都葛飾区亀有出身(福島県会津若松市生まれ[1])。

「鈴木健という名前があまりに多く、ネットで検索しやすいように」、「テキスト(文章)で勝負したい」との理由で、氏名のあとに“.txt”とつけ、鈴木 健.txtと表記することもある。その場合も.txtは読まない。

略歴編集

  • 國學院高等学校卒業。
  • 1988年9月、日本ジャーナリスト専門学校在学中、週刊プロレス(週プロ)編集部へアルバイトとして採用。
  • 1991年ベースボール・マガジン社正社員として雇用される。
  • 2007年4月、週刊プロレスmobile編集長に就任、週プロ編集次長と兼任となった。
  • 2008年3月に開催された「プロレス知識力認定試験 プロレス王」の実行委員に名を連ねた。
  • 2009年9月30日付けでベースボール・マガジン社を退社。週プロ、週刊プロレスmobileの業務から離れる。
  • 2009年11月12日新宿ロフトプラスワンにて村田晴郎とのイベント「神実況ドラマティック・ドリーム・トークライヴ」を開催。以後、定期的に同所や名古屋、札幌、大阪等でも開催。
  • 2010年1月村田晴郎とのウェブラジオ「DX-R」を開始。2012年3月2日放送分で放送100回を迎え、その公開収録イベントを新宿ロフトプラスワンでおこなった。現在は放送終了。
  • 2010年4月読売日本テレビ文化センター恵比寿にて「鈴木健.txtの体感文法講座」を開講。「読み手の目線にならったリズム感のある伝わる文章、ブログ等では意識しないテクニックを身につける」講義をおこなっている。
  • 2011年4月古巣の週刊プロレスmobileにて連載コラム「週モバ野郎NOW」を開始。2018年8月28日まで続き、335回をもって完結[2]
  • 2012年4月名古屋・栄中日文化センターにて「鈴木健.txtの文化系プロレス講座」を開講。

人物・概要編集

一プロレスファンとして参加していたイベントでターザン山本に顔を知られていた。UWFのファンとして第2次UWF第2戦を見るために鈍行列車札幌市まで観戦にいった。その会場でターザン山本が、東京在住の青年が札幌まで足を運んでいることに気づき、週プロの記事で言及された(当時、そういうファンを「密航者」と呼んだ。)。そのことがきっかけとなり週プロのアルバイトとして採用される。

主にUWFFMWW★INGみちのくプロレスバトラーツ大日本プロレス等の団体の取材を担当。編集次長になってからはDDTプロレスリングKAIENTAI-DOJO全日本プロレスWWEを担当。

週刊プロレス誌で試合リポートやインタビュー記事のほか『週プロ野郎』というコラムを8年間連載。また、編集長を務めた週プロmobileでは『日刊週モバ野郎』というコラムを2007年8月のスタート以来、一日も欠かさず更新し続け、その数は1010回に到達した。現在は『週モバ野郎NOW』として同携帯サイトで復活連載中。

趣味の音楽ではYMO平沢進(平沢も亀有出身)の影響を強く受け、前述した週プロ野郎では毎回のBGMをつけていたが「本当にその時聞いているのではなく単なる思いつき」とのこと。週プロ野郎のタイトルそのものが、坂本龍一のアルバム「未来派野郎」が元ネタ。かつてフジテレビの番組「カルトQ」のYMOの予選を受けたが本選には出られなかった。また、POLYSICSのメンバーと交流がある記述が編集後記などにうかがえる。POLYSICSのリーダーであるハヤシもテクノニュー・ウェイヴのマニアのため、そのつながりがあるらしい。POLYSICSのDVD作品「DVDVPVDVLIVE」の裏ジャケットにピンで登場している。平沢率いるバンドP-MODELのコピーバンド「似非MODEL」を自ら結成し、ライブ活動を行っていたこともある。長州力が一度引退した際には、入場テーマ曲「パワーホール」の作曲者である平沢からメールでコメントをもらい、引退記念増刊号のコラム内に掲載した。

プロレス実況番組での解説ではFIGHTING TV サムライにてDDTプロレスリングやみちのくプロレス、GAORAにてWRESTLE-1を担当している。

2012年2月16日放送TBSラジオ番組ザ・トップ5において、当日のゲストであるプロレスラー、男色ディーノの「必殺技トップ5」のランキング発表の模擬試合が放送中のスタジオ内で行われた際、村田とスタジオで実況解説をおこない、映像なしの音だけによるプロレスを伝えた。

2013年1月開局のニコニコ生放送「ニコニコプロレスチャンネル」では自身で試合中継の実況を行なっており、他にもプロレスラーの生インタビューのMC、ニュース番組「ニコプロ一週間」のキャスターなどを務め、週3~4回出演している。また2014年10月から千葉テレビで放送されているKAIENTAI-DOJOの番組でも試合実況を担当している。

脚注編集

  1. ^ 里帰り出産」としている。
  2. ^ 週刊プロレスmobile」『週刊プロレスmobile』。2018年5月11日閲覧。

外部リンク編集