メインメニューを開く

鈴木 昂平(すずき こうへい、1991年6月20日 - )は、オリックス・バファローズに所属する東京都武蔵村山市出身[2]プロ野球選手内野手)。右投右打。

鈴木 昂平
オリックス・バファローズ #40
Suzuki40.jpg
2018年3月31日 福岡 ヤフオク!ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都武蔵村山市
生年月日 (1991-06-20) 1991年6月20日(28歳)
身長
体重
175 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2015年 ドラフト7位
初出場 2016年3月29日
最終出場 2019年9月28日
年俸 1,200万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

中学生時代には東村山リトルシニアでプレー。東海大菅生高校を経て、東海大学へ進学すると、首都大学リーグ戦遊撃手部門でのベストナイン3回、首位打者1回などの実績を残した。

大学卒業後に三菱重工名古屋へ入社。後に読売ジャイアンツへ入団する高木勇人とチームメイトになった。

2015年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズから7巡目で指名[3]。契約金2,700万円、年俸800万円(金額は推定)という条件で入団した。三菱重工名古屋からは前年の高木に続くNPB入りで、背番号は40[4]

プロ入り後編集

2016年には、同期入団の大城滉二杉本裕太郎と共に春季キャンプを一軍でスタート[5]。前年までのレギュラー遊撃手・安達了一潰瘍性大腸炎で出遅れたことを背景に、新人野手では唯一、公式戦の開幕を一軍で迎えた。開幕2カード目の対北海道日本ハムファイターズ第2戦(3月29日・札幌ドーム)8回裏から三塁手として一軍デビューを果たすと、およそ1ヶ月にわたって一軍に帯同。6月中旬に一軍へ復帰してからは、内野の守備要員へ定着する一方で、公式戦でのスタメン出場も経験。一軍公式戦全体では45試合に出場したほか、二塁・遊撃・三塁の守備をこなした。

2017年には、2年連続で開幕一軍登録を果たすと[6]、4月1日に東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕カード第2戦(京セラドーム大阪)で「9番・二塁手」としてスタメンに起用。一軍公式戦への出場は通算73試合で、前年を上回った。二塁・遊撃・三塁に加えて一塁の守備も初めて経験したが、実際には三塁の守備要員や代走として起用されることが多く、打率は.081にとどまった。

2018年には、3年連続で開幕一軍登録を果たした[7]後に、2度にわたって一軍と二軍を往復。前年同様に守備固めや代走として起用されることが多く、一軍公式戦への出場はプロ入り後で最も少ない43試合にとどまった。8月8日から一軍に定着したことや、後半戦で出場機会を増やしたことを背景に、シーズン終了後の契約交渉では推定年俸1,200万円(現状維持)という条件で契約を更改した[8]

2019年には、4年連続で開幕一軍登録を果たした[9]後に、3度にわたる一軍と二軍の往復を経て、8月1日から一軍に定着した。一軍公式戦には58試合に出場。守備固めに加えて、要所で代打に起用されることも多かったため、通算の打席数(53)は前年(22)を大きく上回った。通算安打数(10)と打率(.227)もキャリアハイの成績だったため、シーズン終盤のインタビューでは翌2020年へのさらなる飛躍を誓っていた[10]が、レギュラーシーズン終了後の10月22日に球団から戦力外を通告された[11]。この通告を受けて、同月31日に、現役を引退することを球団へ申し入れた[12]

現役引退後編集

オリックス球団から戦力外通告と合わせてコーチへの転身を打診されていたこと[12]から、現役引退の申し入れを経て、2019年11月1日付で野手コーチ補佐に就任した。背番号は84[13]

選手としての特徴・人物編集

巧みなグラブ捌きや正確なスローイングなど、高い守備力の持ち主で、大学時代からプロ級の評価を受けていた[3][14][15]。内野の4ポジション全ての守備に就くことができる。

オリックスでは、入団前の2015年から同姓の鈴木優投手が所属しているため、スコアボードなどに鈴木昂という表記を使用。2018年には姓名の読みが同じ鈴木康平投手がチームに加わったが、自身の表記や登録名(鈴木昂平)は変わらず、鈴木康平が「K-鈴木」という名前で登録された[16]

2018年1月に愛知県出身の2歳年上の一般女性と結婚していたことを、同年のシーズン終了後に発表。大学4年生のときに知人の紹介で知り合った女性という[17]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2016 オリックス 45 43 38 2 7 0 0 0 7 4 0 0 4 0 1 0 0 8 1 .184 .205 .184 .389
2017 72 39 37 10 3 2 0 0 5 0 0 0 2 0 0 0 0 8 2 .081 .081 .135 .216
2018 43 22 17 6 3 0 0 0 3 0 0 0 3 0 0 0 2 4 1 .176 .263 .176 .440
2019 58 53 44 3 10 1 0 0 11 0 0 0 2 0 4 0 3 12 2 .227 .333 .250 .583
通算:4年 218 157 136 21 23 3 0 0 26 4 0 0 11 0 5 0 5 32 6 .169 .226 .191 .417
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集


一塁 二塁 三塁 遊撃
















































2016 - 5 2 2 0 0 1.000 3 2 22 1 3 .960 9 5 16 0 2 1.000
2017 1 2 0 0 0 1.000 3 6 6 0 3 1.000 61 9 19 1 1 .966 3 3 5 0 2 1.000
2018 13 18 3 0 1 1.000 2 2 0 0 1 1.000 22 6 18 1 1 .933 3 1 3 0 2 1.000
通算 14 20 3 0 1 1.000 10 10 8 0 4 1.000 86 17 49 3 5 .957 15 9 24 0 6 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

記録編集

背番号編集

  • 40 (2016年 - 2019年)
  • 84 (2020年 - )

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年12月7日閲覧
  2. ^ 平成28年1月の市長フォトダイアリー”. 武蔵村山市. 2016年3月9日閲覧。
  3. ^ a b 2015年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズオフィシャルサイト. 2016年3月9日閲覧。
  4. ^ オリックスの“下町ロケット”だ!鈴木「最初からぶっこんでいく」”. スポーツニッポン. 2015年11月20日閲覧。
  5. ^ 2016年春季キャンプメンバーのお知らせオリックスバファローズ公式サイト 2016年1月27日配信
  6. ^ “オリックス 開幕1軍登録メンバー一覧”. 日刊スポーツ. (2017年3月29日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1799455.html 2019年10月22日閲覧。 
  7. ^ “T岡田は外れるオリックス開幕1軍登録メンバー一覧”. 日刊スポーツ. (2018年3月29日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803290000562.html 2019年10月22日閲覧。 
  8. ^ “オリ鈴木昂が現状維持の1200万円で更改 内野手争い激化「負けないように」”. Full-Count. (2018年11月30日). https://full-count.jp/2018/11/30/post258105/ 2019年10月22日閲覧。 
  9. ^ “2位頓宮ら/オリックス開幕1軍メンバー”. 日刊スポーツ. (2019年3月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201903280000166.html 2019年10月22日閲覧。 
  10. ^ オリックス・鈴木昂平選手「めっちゃ面白いので、オススメなのは」/マイブーム”. 週刊ベースボールONLINE (2019年9月21日). 2019年10月22日閲覧。
  11. ^ “オリックス、17年25ホールドの黒木優太ら4人に戦力外通告 うち16年ドラフト指名選手は3人”. ベースボールチャンネル (カンゼン). (2019年10月22日). https://www.baseballchannel.jp/npb/73389/ 2019年10月22日閲覧。 
  12. ^ a b “オリックス戦力外の鈴木昂平が二軍野手コーチ補佐に”. 日刊スポーツ. (2019年10月31日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910310000818.html 2019年11月1日閲覧。 
  13. ^ “鈴木昂平 野手コーチ補佐 就任のお知らせ”. オリックス・バファローズ. (2019年11月1日). https://www.buffaloes.co.jp/news/detail/00002928.html 2019年11月1日閲覧。 
  14. ^ オリックス・鈴木昂平が正遊撃手へ猛アピール”. 週刊ベースボールONLINE. 2016年3月9日閲覧。
  15. ^ 安達の離脱で最激戦区に!オリックスのショート争い”. BASEBALL KING. 2016年3月9日閲覧。
  16. ^ 【オリックス】ドラフト2位、鈴木康平 登録名は「K-鈴木」 「康平のKと三振のK、どちらの意味も」”. スポーツ報知. 2017年11月28日閲覧。
  17. ^ “オリの“イケメン”鈴木昂が結婚 2歳上の一般女性と”. SANSPO.COM. (2018年12月26日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20181226/buf18122605030003-n1.html 2019年10月22日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集