メインメニューを開く

鈴木 正幸(すずき まさゆき、1946年3月19日 - )は、日本俳優。所属事務所はオフィスPSC青森県弘前市(旧中津軽郡相馬村)出身。

来歴・人物編集

1965年1971年に『劇団世代』で活動。1971年~1975年には商業演劇で、新宿コマ劇場芸術座日生劇場東京宝塚劇場の舞台で活動する[1]

3年B組金八先生』を筆頭とする、いわゆる『桜中学シリーズ』に唯一全シリーズに出演したことで知られ、津軽訛りで主人公に絡む巡査・大森巡役が当たり役となる。津軽訛りについては、劇団時代から「お前はいつも訛ってる」と指摘され、演出家からも「イントネーションを何とかしないと舞台には立てない」とよく言われていた。そんな中、1975年にポーラテレビ小説加奈子』(TBS)の出演者に起用されたのをきっかけに、テレビ界に進出[1]。このドラマの脚本を手掛けた小山内美江子から「普段の何気ない会話のニュアンスが面白いですね」と言われたことがあり、以後も小山内脚本の桜中学シリーズに出演し続けたこともあって「小山内先生にはよくかわいがってもらってます」とも話している[2]

宇宙刑事ギャバン』をはじめ、『宇宙刑事シリーズ』のテレビシリーズ3作及びVシネマ『宇宙刑事 NEXT GENERATION』を通して大山小次郎役(TVシリーズではフリーのルポライター→ペットショップ経営、平成作品以降では→エネルギー研究所の所長→銀河連邦警察のサイバー犯罪捜査官)で出演。「宇宙刑事シリーズ」でも全編に渡って津軽訛りのルポライター大山小次郎役を演じたが、当初は台本には津軽訛りで喋るようには指定されておらず、ギャバン第1話の監督である小林義明に「好きにやっていいよ」と言われた為、以後「宇宙刑事シリーズ」では津軽訛りのコミカルなキャラクターを演じ続けた[3][2]。そしてこの2シリーズですっかりコミカルなおとぼけキャラが定着、大森という役名ではないが、映画『ミンボーの女』には大森巡査のパロディ的な性格の警官役で出演している。

また、Flowの「贈る言葉」のプロモーションビデオにも「大森巡査」役で出演している(楽曲が第1期『3年B組金八先生』の主題歌のカバーであるため。)。『3年B組金八先生』の縁で、海援隊のいつか見た青い空のプロモーションビデオにも巡査役で出演している。HISASHIが同じ弘前市出身という縁でGLAYのシングル百花繚乱/疾走れ!ミライのPVにも巡査役で出演している。3年B組金八先生放送終了後初である。1990年代には青森市にあった飲食店「昔ばなし」のテレビコマーシャルに警官役で出演していた。

趣味は料理で、売れないときに魚屋や小料理屋の厨房でアルバイトをしていたこともあり、プロ並みの実力を持つ。料理関係の番組への出演歴もある[4]

1999年秋のTBSテレビの期首特番オールスター感謝祭の「赤坂5丁目ミニマラソン」で優勝を果たした[5]

現在は栃木県那須高原に住んでいて、自宅の自家菜園で無農薬野菜を栽培している。

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

ゲーム編集

オリジナルビデオ編集

プロモーションビデオ編集

ラジオ編集

バラエティー編集

舞台編集

脚注編集

  1. ^ a b 鈴木正幸 講演依頼 プロフィール”. Speakers.jp. 2019年5月17日閲覧。
  2. ^ a b 東映ヒーローMAX(辰巳出版)Vol.59 2019年春号 p.100-101 鈴木正幸インタビュー
  3. ^ TV Bros 2012年1月20日号「宇宙刑事ギャバン特集」内 鈴木正幸インタビュー
  4. ^ 鈴木正幸 故郷・青森の味とこだわりの寿司”. テレビ東京. 2016年5月18日閲覧。
  5. ^ 過去の成績”. オールスター感謝祭. TBS. 2016年5月19日閲覧。
  6. ^ “黒木メイサ、新井浩文と夫婦役 恐妻キャラに気合い十分「痛快で愛のある作品に」”. ORICON STYLE. (2016年9月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2078339/full/ 2016年9月13日閲覧。 

外部リンク編集