メインメニューを開く

鈴木武樹

鈴木 武樹(すずき たけじゅ、1934年8月11日 - 1978年3月27日)はドイツ文学者評論家静岡県磐田市出身。  

目次

来歴・生涯編集

7人兄弟の長男として磐田市に生まれる。1958年、東京大学文学部独文科卒[1]。出版社勤務や高校教師などを経て、明治大学教授となる[2]

熱心な野球ファンでもあり、贔屓のチームは中日ドラゴンズであった。また中日の選手とも親交があった。元プロ野球選手の後藤修は高校の1年先輩である。名古屋テレビ放送専属でプロ野球中継ビデオナイター・ゴーゴードラゴンズ)ゲスト解説をしたことがある。黒い霧事件の際にはプロ野球界の体質を糾弾する論陣を張った。1970年3月17日に行われたプロ野球健全化公聴会においてファン代表として公述人として招かれセ・リーグ会長の鈴木龍二、コミッショナー事務局長の井原宏、コミッショナー委員会の3委員の退陣を求め、鈴木龍二と激しく口論した[3]

人気クイズ番組クイズダービー』(TBS系列)の2代目1枠の解答者として知られていた。正解率は4割1分8厘(3勝6敗 - 4勝5敗ペース)と後に1枠レギュラーになる篠沢秀夫よりは良かったが6問目の歌詞問題が大の苦手であった。連敗記録は歴代11位の13連敗である(レギュラーで10連敗以上の記録を作ったのは鈴木武樹が初めてである)。

1977年第11回参議院議員通常選挙では革新自由連合から全国区において出馬するも落選し、その後1978年3月27日胃癌で急逝。満43歳没。

活動編集

大和王権プロ野球およびメジャーリーグベースボールの分野においても積極的に発言した。ロバート・ホワイティングの『菊とバット』の最初の翻訳(サイマル出版会)は、彼の手になるものである。またベトナムに平和を!市民連合(ベ平連)やタレント中山千夏らとともに政治団体・革新自由連合を結成するなど政治的な活動にも参加した 。

著書編集

プロ野球関連編集

  • 『よみがえる熱球 プロ野球エッセイ 第1』新書館 1970
  • 『ああ中日ドラゴンズ』白馬出版 1971
  • 「アメリカ・プロ野球史」三一新書、1971
  • 『批判的・日本プロ野球史』三一新書 1971
  • 「プロ野球の魔力 なぜ面白いか・なぜ興奮するのか」(サンポウ・ブックス)1976 
  • 「プロ野球ラクガキ帖」(三交社)1977 

古代史関連編集

  • 『少年王ツタンカーメンの墓にいどむ』山野辺進絵 偕成社 1972 世界のこどもノンフィクション
  • 「わたしの古代教室」(新人物往来社 1974年)
  • 「日本古代史99の謎」(サンポウ・ブックス 1975年)
  • 「偽られた大王の系譜」(秋田書店 1975年)
  • 「地名・苗字の起源99の謎 あなたの祖先はどこから来たか」(サンポウ・ブックス 1976年)のちPHP文庫 
  • 「消された『帰化人』たち」(講談社 1976年)
  • 「古代史の魅惑と危険」(亜紀書房 1977年)
  • 「日本古代史の展開 鈴木武樹対談集」(成甲書房 1977年)
  • 『謎の古代日本史』広済堂文庫、1993 

その他編集

  • 「きのうの町ふたたび」(講談社)1970 (小説) 
  • 『黙っていては損をする 議論・口論で泣き寝入りしないために』実業之日本社 実日新書 1975
  • 「英語がおもしろくなる本」(潮文社)
  • 「わが夢想と戦いの日々」(風媒社)1975
  • 「共和国を夢みる論理」(すずさわ叢書)1976 

編纂編集

  • 『中級ドイツ語演習 新方式』編著 三修社 1969
  • 「論集 邪馬壹国-1」(大和書房)1975
  • 『論集騎馬民族征服王朝説』江上波夫他 大和書房 1975 日本古代文化叢書
  • 坂口安吾『安吾の古代史探偵』編 講談社 1976
  • 『元号を考える』編 現代評論社 1977

訳書編集

英文学編集

  • ヘディン中央アジア探検紀行全集 第3 チベットの冒険』白水社 1965
  • アリソン・アトリー『アンと山の小びと』 学習研究社 1967
  • J.D.ポッター『マレーの虎 山下奉文の生涯』江崎伸夫訳 恒文社 1967
  • K.B.ギルデン『夕陽よ急げ』江崎伸夫訳 恒文社 1967
  • ガリコ『モルモットからきたてがみ』偕成社 1969
  • ポール・ガリコ『モルモットのびっくり旅行』偕成社 1969
  • J・D・サリンジャーフラニーとズーイ」(角川文庫)1969 
  • J・D・サリンジャー「倒錯の森」(角川文庫)1970 
  • バーナード・マラマッド「汚れた白球 自然の大器」(角川新書)1970 
  • J・D・サリンジャー「九つの物語」(角川文庫)1971
  • J・D・サリンジャー「若者たち」(角川文庫)1971
  • アルバート・メイヤー『少年監督の推理』学習研究社 1971
  • ジャン・メリル『手おし車大戦争』講談社 1971
  • J・D・サリンジャー「大工らよ、屋根の梁を高く上げよ」(角川文庫)1972 
  • ジェイムズ・サーバー『虹をつかむ男 他19篇』角川文庫 1974
  • ジェイムズ・サーバー『マクベス殺人事件の謎 他25篇』角川文庫 1975
  • 『ジェイムズ・サーバー傑作選』1-2 創土社 1978

ドイツ・北欧文学編集

  • スピリ少年少女文学全集 1 アルプスの少女』国松孝二,城山良彦共訳 白水社 1961 「ハイジ」偕成社文庫
  • ヴィーヘルト童話集 2 青い牧場の羊飼い』白水社 1962
  • ヘルマン・ケステン『ゲルニカの子供たち』白水社、1963 
  • アンネ・デ・ヴリース『少年少女聖書物語』国松孝二共訳 白水社 1965
  • ゲルハルト・アイク『中世騎士物語』白水社 1965
  • トールビョール・エグネール『ゆかいなどろぼうたち』赤坂三好絵 学習研究社 1966
  • ニールス=オロフ・フランセン『アガトン=サックスの大冒険』学習研究社 1968
  • フリードリヒ・フェルト『きかんしゃ1414』赤坂三好絵 偕成社 1968
  • 『大男のかぶらかぞえ ドイツ民話』太田大八絵 ポプラ社 1970
  • 『世界の知恵 名言集』国松孝二編 杉浦博,渡辺健共訳 白水社 1970
  • フクス 作・絵『ナワイとまほうの馬』偕成社 1970
  • エーリッヒ・ケストナー『スケートをはいた馬』こどもの世界文学 講談社 1971
  • ジャン・パウル文学全集6 五級教師フィクスラインの生活」創土社 1974
  • 『ジャン=パウル文学全集 1-2 見えないロッジ』創土社 1975-76  
  • 『ジャン=パウル文学全集 7 貧民弁護士ジーベンケースの結婚生活と死と婚礼 上』創土社 1978

その他編集

共著編集

  • 『黒い霧は晴れたか プロ野球エッセイ』高松圭共著 新書館 1970 
  • 『鈴木武樹とアグネス・チャンの英語の時間です』サンリオ 1977

出典編集

  1. ^ 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
  2. ^ 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
  3. ^ 日本経済新聞1970年3月18日17面「鈴木会長やめろ 公述人同士が"口ゲバ"」

関連項目編集

  • 東アジアの古代文化 - 歴史雑誌。鈴木が創刊を提案し初代編集長をつとめたが、多忙のため4号で降板した。

外部リンク編集