鈴木環那

日本の将棋棋士

鈴木 環那(すずき かんな、1987年11月5日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士。日本将棋連盟東北統括副本部長。原田泰夫九段門下。女流棋士番号は29。千葉県富津市出身。

 鈴木環那 女流三段
鈴木環那女流二段.jpg
鈴木環那(2014年)
名前 鈴木環那
生年月日 (1987-11-05) 1987年11月5日(32歳)
プロ入り年月日 2002年10月1日(14歳)
棋士番号 29
出身地 千葉県富津市
師匠 原田泰夫九段
段位 女流三段
戦績
2011年7月22日現在
テンプレートを表示

棋歴

1997年10月に女流育成会に入会。その後、Aクラスにおいて指し分けに近い成績で何期か足踏みした後、2002年度前期で2位以下に大差をつける12勝3敗の成績で1位となり、14歳で女流プロ棋士となる[1]

2008年1月16日、第1期マイナビ女子オープン2回戦で、斎田晴子(前年度倉敷藤花)を破ってベスト4に進出。自身初の本戦シード権を獲得したが、準決勝(2008年2月7日)で鈴木と初手合の矢内理絵子女流名人(当時)に敗れ、決勝五番勝負には進出できなかった。3月10日には、第30期女流王将戦準決勝で岩根忍を破って挑戦者決定戦に進出したが、挑戦者決定戦(2008年4月9日)で再度矢内に敗れた。なお、矢内とのこの2局は相矢倉の将棋となり、鈴木の36手目までは全く同じ手順であった。

2008年2月29日、第19期女流王位戦の予選決勝で中井広恵クイーン名人)を破り初の挑戦者決定リーグ入り。なお、2007年度は以上のような活躍で、対局数不足で公式記録ではないものの、勝率は全女流棋士中1位(0.8333、15勝3敗)となった[注 1]

第35期女流名人位戦では、2008年3月に行われた予選を勝ち抜き4期ぶりにB級リーグ入りしたが、リーグでは4勝5敗の成績ながらも陥落した。

第6期マイナビ女子オープンで快進撃を続け、挑戦者決定戦まで進んだが、2013年3月4日、里見香奈に敗れ[2]、タイトル戦初出場はならなかった。

2017年の第3回女子将棋YAMADAチャレンジ杯では、最後の出場機会ながら決勝まで勝ち上がるものの、決勝で石本さくらに敗れて自身の公式戦初優勝はならず、準優勝[3]

人物

  • 原田泰夫一門最後の門下生。将棋指しになったのは、プロになりたかった実父の影響[4]
  • 2008年、中戸賞奨励賞(第30期女流王将戦での活躍)[5][6]
  • 2011年10月1日、日本将棋連盟東北統括副本部長(東北普及部長)に就任。
  • 2012年3月、島朗九段と、やまがた特命観光・つや姫大使に就任。任期は三年[7]。また、あったかふくしま観光交流大使にも就任している[7]
  • 2014年度より2年間、NHK杯テレビ将棋トーナメントの棋譜読み上げを担当していた。
  • テレビ中継で聞き手を多く務めることからアナウンススクールに通った経験があり[8]、司会経験も多い。モットーは対局と普及の両立[9]。AbemaTVトーナメント中継では事前にストップウォッチで秒数を計りトークの長さを決めていた[8]。また英語も堪能である[4]
  • 2020年8月、アシスタントを務めている『森内俊之の森内チャンネル』で、2年ほど前に母が島朗と再婚して島が義父になったことを発表。島には小学生の頃からお世話になっていて、師匠のような存在だったという[10]

略歴

主な成績

公式戦

非公式戦

主なテレビ出演

脚注

注釈

  1. ^ 公式記録としては対局数20局以上が必要なため、2007年度の公式の女流棋士勝率1位は矢内理絵子(0.8261、19勝4敗)

出典

  1. ^ 2002年度前期女流育成会Aクラス
  2. ^ 里見女流四冠がマイナビ女子オープンの挑戦者に!|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2013年3月5日). 2020年9月29日閲覧。
  3. ^ 第3回女子将棋YAMADAチャレンジ杯、石本さくら女流初段が優勝|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2017年8月28日). 2020年9月29日閲覧。
  4. ^ a b マツオカミキ (2019年4月15日). “父とともに将棋の道を歩む。鈴木環那女流二段のこれまでとこれから【女流棋士とデザート】|将棋コラム|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟. 2020年9月29日閲覧。
  5. ^ 鈴木環那女流初段、中戸賞奨励賞を受賞|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2008年5月10日). 2020年9月29日閲覧。
  6. ^ 第30期女流王将表彰式 7月22日 清水市代女流王将|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2008年7月22日). 2020年9月29日閲覧。
  7. ^ a b 島朗九段と鈴木環那女流初段がやまがた特命観光・つや姫大使に就任|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2012年3月6日). 2020年9月29日閲覧。
  8. ^ a b 聖子, 宮田 (2020年8月21日). “「家ではひたすら放送を流しています」解説と司会の棋士・女流棋士も盛り上げに本気だった | 観る将棋、読む将棋”. 文春オンライン. 2020年8月23日閲覧。
  9. ^ WITH YOUR CHALLENGE|ちばぎん”. www.chibabank.co.jp. 2020年8月23日閲覧。
  10. ^ 森内チャンネル♯19トーク編『勉強法と島研エピソードそして環那の重大発表あり!! (YouTube). 森内俊之の森内チャンネル.. (2020年8月21日). https://www.youtube.com/watch?v=FRMCgkCZUVo 2020年8月21日閲覧。 
  11. ^ 鈴木環那女流初段が女流二段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2012年5月11日). 2020年9月29日閲覧。
  12. ^ 第38回「将棋の日」表彰・感謝の式典の模様|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2012年11月16日). 2020年9月29日閲覧。
  13. ^ 鈴木環那女流二段が女流三段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2020年9月23日). 2020年9月29日閲覧。

関連項目

外部リンク