メインメニューを開く

鈴木石

1982年に発表された新鉱物

鈴木 石(すずき せき、 Suzukiite)は、1982年に発表された新鉱物で、国立科学博物館鉱物学者松原聰などにより、群馬県の茂倉沢鉱山から発見された[1]。化学組成はBaV4+Si2O7斜方晶系北海道大学鈴木醇鉱床学岩石学における業績をたたえて命名されたもの。なお、同年に発表された新鉱物原田石と同じグループに属し、鈴木石は原田石のストロンチウムをバリウムに置き換えたものに相当する。

脚注編集

  1. ^ Matsubara, S., Kato, A. and Yui, S. (1982): Suzukiite, Ba2V2[O2|Si4O12], a new mineral from the Mogurazawa mine, Gumma Prefecture, Japan, Mineral. Jour., 11, 15~20.

関連項目編集

参考文献編集

  • 松原聰「新鉱物発見物語」 鉱物にも体格がある-鈴木石、2006年、岩波書店。ISBN 4-00-007455-5

外部リンク編集