メインメニューを開く

鈴木 秀勇(すずき ひでお、1921年 - )は、日本思想史家教育学者。専門は教育思想史。一橋大学名誉教授、元札幌大学学長。社会思想史研究から教育思想史研究に進み、一橋大学社会学部教育社会学講座を創設した。

人物・経歴編集

1938年旧制東京商科大学(現一橋大学予科入学[1]高島善哉門下[2]。大学卒業後[1]、同大非常勤講師[1]を経て、1951年一橋大学社会学部助教授[1]。1965年一橋大学社会学部教授[1]。1969年から西順蔵の後任として第7代社会学部長を務めた。1970年、学部長を退任し増淵龍夫と代わる[3]。1984年一橋大学定年退職[1]

社会思想史の研究から始め、教育思想史研究に進み、一橋大学社会学部で教育社会学講座を創設。『エミール』の分析などを行った[1]。指導学生に、関啓子(一橋大学名誉教授)[4]蔭山宏慶應義塾大学名誉教授)[5]山西龍郎(元東京都市大学教授)[6]角田史幸(元秀明大学教授)[7]高野敏行釧路公立大学学長)[8]黒沢惟昭(元東京学芸大学教授)[2]大野博人(元朝日新聞論説主幹)[9]紺野馨(文芸評論家)[10]などがいる。

脚注編集