鈴木蘭々

日本の女性タレント、女優、歌手

鈴木 蘭々(すずき らんらん、1975年8月4日 - )は、日本タレント女優歌手実業家。株式会社WOORELL代表取締役社長。

すずきらんらん
鈴木蘭々
プロフィール
別名義 鈴木 智子 (本名)
愛称 LANLAN
生年月日 1975年8月4日
現年齢 45歳
出身地 東京都練馬区
血液型 A型
公称サイズ(2007年時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
靴のサイズ 24 cm
活動
デビュー 1989年
他の活動 実業家
事務所 ウーレル(WOORELL)
その他の記録
日本化粧品検定1級合格、コスメコンシェルジュ取得
モデル: テンプレート - カテゴリ

経歴

東京都練馬区生まれ。東京都立代々木高等学校から堀越高等学校に編入。

中学1年生の時に、原宿でスカウトされ芸能界入り[1]1989年、本名の鈴木智子として資生堂・エクボのCFでデビュー。同年、第1回ミスチャンピオン・準グランプリ(グランプリは宮内知美)にも選ばれる。デビュー当時は長髪で、CMや表紙モデルなどで活躍。

1990年FLYING KIDSのシングル「幸せであるように」のMVに出演する[2]

1992年岩井俊二監督の「GHOST SOUP(ゴーストスープ)」で女優デビューした。

1993年頃からドラマバラエティ番組などに出演し、フジテレビ系『ダウンタウンのごっつええ感じ』内のコント「改造人間カスタムひかる」では、松本人志扮する「若松ひかる」の妹・きらり役で注目を集める。

1994年よりフジテレビ系子供番組『ポンキッキーズ』に安室奈美恵と「シスターラビッツ」として出演し、一躍ブレイク[1][3]。ボーイッシュなショートヘアと明るいキャラクターで人気を博す。その後、バラエティーアイドルとしても活躍。

1995年8月に筒美京平作曲のシングル「泣かないぞェ」で歌手デビュー[1]

1996年CM女王(12社)として数多くのテレビCMに出演[3]

1997年に『木曜の怪談・魔法じかけのフウ』で連続ドラマ初主演を果たし、テレビCMは前年を上回る14社のテレビCMに出演。また同年には、阿部薫アルバム「心に太陽」の「おたんじょう日」の作詞を担当した。

1998年(平成10年)、23歳の時にニューヨークに留学[1]。「自分の中で出し尽くした感があって、自分を変えたい」と思って留学したが、「マドンナに会いたい」という思いもあった[4][5]。この頃は長髪や金髪にしていた時期もある。

2001年、LANLAN名義で、フジテレビ系ドラマ『愛と青春の宝塚』主題歌「Be With You」をリリース[1]

2004年舞台『ユーリンタウン』(演出・宮本亜門)に出演。

2005年、舞台『キレイ〜神様と待ち合わせした女〜』では酒井若菜、『ジキル&ハイド』では知念里奈、の代役として出演。

2008年、『ベントラー・ベントラー・ベントラー』では平山あやの代役で出演する。演劇界では数少ない主演級を演じられる「代打女優」と言われるようになる[4]

2013年に芸能生活25周年を迎え、12月に記念ライブ@DDD青山クロスシアター を開催した[1][3]

2014年12月、自身の会社WOORELL(ウーレル)を設立、基礎化粧品ブランドNARIA COSMETICS(ナリアコスメティックス)を立ち上げ、商品プロデュース開始[3]

2017年、舞台『ビッグ・フィッシュ』(演出・白井晃)に出演。

2018年(平成30年)に芸能生活30周年を迎え、11月に記念ライブ@渋谷のJZ Brat を開催[1][3]

2019年12月17日、彼女は新たに楽曲「ビュリホー ビュリホー」(BOLSTAR MUSIC)をリリースする、なお、この楽曲は2000年に世界でヒットしたAQUACartoon Heroes」のカバー[1][3]

人物

  • 大のネコ好きである。
  • 『ポンキッキーズ』に関しては、当時出演していた高泉淳子演じる「山田のぼる」が好きだったことから、事務所の社長に「出たい!」と直談判して番組のオーディションを受け、レギュラー出演が決まった[4]。半年間のレギュラー出演を経て、高泉降板後は鈴木と同時期にレギュラーに就任したピエール瀧電気グルーヴ)、BOSE(スチャダラパー)、安室奈美恵と共に番組MCを務めることになる[6]
    • 同番組で安室とユニット『シスターラビッツ』を組んでいたが、1997年安室が番組を降板したことに伴い、事実上解散となった。鈴木は、その後も単独で1999年3月まで出演した。

出演

テレビドラマ

バラエティ

CM

映画

劇場アニメ

舞台

ディスコグラフィ

シングル

  • MAGIC OF LOVE(1994/11/21)TOo'Sとしてボーカルを担当
  • 一寸桃金太郎/汽車ポッポ鉄道どこまでも/四つの季節(1995/6/1 ポニーキャニオン) シスターラビッツ として
  • 泣かないぞェ(1995/8/8) 「今田耕司のシブヤ系うらりんご」テーマソング
  • なんで なんで ナンデ?(1996/1/1) 日本テレビ系「TVおじゃマンモス」テーマソング
  • kiss(1996/6/21) 日本テレビ系「M-STAGE」エンディングテーマ
  • magic(1996/8/8)
  • ・・・of you(1996/11/1) TBS系アニメ「きこちゃんすまいる」エンディングテーマ
  • Who Who Who(1997/3/31) 鈴木自動車「LET’S」CMソング
  • Shoobie Doobie Doing!(1997/7/1) フジテレビ系ドラマ「木曜の怪談・魔法じかけのフウ」主題歌
  • キミとボク(1998/5/1) フジテレビ系「ポンキッキーズ」メロディ ダブル・オーレコード
  • Be With You ※「LANLAN」名義(2001/12/27) フジテレビスペシャルドラマ「愛と青春の宝塚」テーマソング

アルバム

発売日 タイトル 収録内容 備考
1st 1996年3月21日 Bottomless Witch
  1. SAY HELLO!
  2. 恋するマテリアル
  3. 泣かないぞェ
  4. ハッスル・ジェット
  5. 莫大な空
  6. 渚のうわさ
  7. 花とみつばち
  8. Rock'n' Roll Far East
  9. グラマラス
  10. なんで なんで ナンデ ?
2nd 1996年11月21日 One and Only
  1. ROUGE
  2. kiss
  3. shy ( ALBUM MIX )
  4. BALANCE
  5. ・・・of you
  6. Secret Treasure
  7. RUB-A-DUB-DUB
  8. Dearest ( ALBUM MIX )
  9. magic
  10. Love & More....
  11. VERY GOOD! ANOTHER ONE
  • 初回は紙ジャケット仕様

企画盤

VHS

  • visualand(1997/03/21)

タイアップ

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 【インタビュー】鈴木蘭々は今何を思う、人気絶頂期に休業した理由 一度は諦めた「歌手」”. MusicVoice (2019年12月16日). 2019年12月16日閲覧。
  2. ^ FLYING KIDS/幸せであるように [MUSIC VIDEO CLIP]”. ビクターエンタテインメントの公式YouTubeチャンネル. YouTube (2009年8月3日). 2020年4月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 鈴木蘭々、人気絶頂期の苦悩・“相棒” 安室奈美恵・突然の留学を語る”. 週刊女性PRIME (2020年3月8日). 2020年3月8日閲覧。
  4. ^ a b c 今や“代打女優”の異名 鈴木蘭々の本音インタビュー”. 東スポWeb (2013年12月4日). 2013年12月5日閲覧。
  5. ^ 当時、マドンナはアメリカ国内ではなく、イギリスに移住していた。
  6. ^ 4人体制→隔週交代での2人体制を経て、最終的にはBOSEと2人体制でMCを務めた。
  7. ^ ジャングル大帝 劇場版(1997)”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月8日閲覧。
  8. ^ J-アニソン神曲祭り -レジェンド- [DJ和 in No.1 不滅 MIX](2013年3月20日発売) 歌詞ジャケットより。

外部リンク