鈴木 重道(すずき しげみち、1857年-1926年)は、明治時代日本軍医[1]

弟に鈴木主計

概要

編集

安政4年7月26日、膳所藩士 鈴木重直の長男として現在の滋賀県に生まれ、明治14年海軍軍医となった [2]

日露戦争では連合艦隊付軍医総監(少将)として戦艦三笠に乗船 [3]。 明治45年2月3日横須賀病院長、大正8年9月23日軍医中将となった。

参考文献

編集
  • 『成功偉人名家列傳』(1906年、國鏡社)
  • 『海軍 - 第12巻』(1981年、誠文図書、232p)

脚注

編集

注釈

編集

出典

編集

外部リンク

編集