メインメニューを開く

鈴木 雅次(すずき まさつぐ、1889年3月6日 - 1987年5月28日)は、日本の土木工学者、内務官僚。元日本大学教授。土木工学・港湾工学の研究に業績を上げる。1927年工学博士(九州帝国大学)。

来歴編集

長野県松本市生まれ。1908年旧制松本中学(長野県松本深志高等学校)卒業、1911年第八高等学校卒業、1914年九州帝国大学卒業。1914年内務省に入り、鉄道技師、土木局技術課長、内務技監を務める。

1930年日本大学工学部教授、1944年土木学会会長。1945年内務省を退官し、日本発送電の技術顧問となる。1947年から東京大学講師を兼任、1952年日本大学国土総合開発研究所長。1964年港湾審議会長、チリ津波対策審議会長、1968年日本港湾協会長などを歴任。

勲章編集

主著編集

  • 「港工学」 常磐書房、1932年
  • 「港湾」 岩波書店、1933年
  • 「河」 河出書房、1941年
  • 「土木屋さん」 筑土書房、1956年

参考編集