メインメニューを開く

鈴木KCは日本の作曲家編曲家キーボード奏者、ダンサー

宮城県加美郡加美町(旧中新田町)出身。日本大学芸術学部放送学科中退

本名の鈴木啓司(すずきけいし)名義で活動することもある。

目次

略歴編集

1993年、情念にトロンボーン奏者&コーラスとして参加。バックトラック制作も手がけるようになり、ステージではコーラス&ダンス担当になる。

2000年頃から、かつて平沢進がプロデュースした折茂昌美のユニット「Shampoo」の編曲、ライブのサポートメンバーとして参加。2011年から正式なメンバーとなる。

2010年よりコンクリーツにキーボード奏者として参加。

2011年よりレ・ロマネスクの楽曲提供、編曲、ライブのサポートを行う。

2016年12月に舌癌を発症。長期治療中だったが、インフルエンザから肺炎を併発し、2018年1月30日死去。享年52歳。

主な作品編集

情念
  • 無毛(1994年)
  • 老人愛(1996年)
  • 酢股(1999年)
  • ザ・ベスト・オブ・情念(2004年)
  • 空中楼閣(2006年)
  • 情念温泉(2010年)
Shampoo
  • Cold Sleep(2002年)
  • Blizzard Drive(2011年)
コンクリーツ
  • コンクリーツ大全集(2011年)
レ・ロマネスク
  • Dandysme!(2011年)
  • レ・ロマテラピー(2017年)

作曲・編曲編集

編曲編集

CM音楽編集

関連人物編集