鈴鹿セブンマウンテン

鈴鹿山脈の山

鈴鹿セブンマウンテン(すずかセブンマウンテン)とは、鈴鹿山脈藤原岳竜ヶ岳釈迦ヶ岳御在所岳雨乞岳鎌ヶ岳入道ヶ岳の7

概要編集

地理院地図 Googleマップ 藤原岳の位置図

 
竜ヶ岳山頂(1990年当時)

1964年昭和39年)に、近畿日本鉄道朝日新聞社及び名古屋テレビが中心となり、鈴鹿セブンマウンテンの登山大会が始まった。[1] 不特定多数の人が自由に参加でき、三重県山岳連盟がそのサポートを行った。以前は、各々の山頂に、鈴鹿セブンマウンテンを表記した山頂標識があった。34年間この登山大会が続いた。

山容 名称 標高
m
三角点 藤原岳との
距離(km
備考
  藤原岳 1,144 (標高未確定)     0 日本三百名山
花の百名山
新・花の百名山
  竜ヶ岳 1,099.26  二等    4.4
  釈迦ヶ岳 1,091.89  三等   10.4
  御在所岳 1,212   15.7 日本二百名山
1209.37m
(一等三角点)
  雨乞岳 1237.67  三等   16.5 鈴鹿山脈
第二高峰
  鎌ヶ岳 1161.11  三等   17.7
  入道ヶ岳 905.54  三等   20.6

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『フルカラー特選ガイド 鈴鹿を歩く』山と溪谷社、ISBN 4-635-17084-5、P56

参考文献編集