メインメニューを開く
鉄道コレクションをNゲージ化した例

鉄道コレクション(てつどうコレクション)は、2005年からトミーテックより発売されている鉄道車両のディスプレイモデル (展示用模型) である。「鉄コレ」の通称で呼ばれている。シリーズの名称は「鉄道コレクション」だが、トミーテック公式ウェブサイト内では「The 鉄道コレクション」の表記も見られる[要出典]

目次

概要編集

トミーテックから発売されている「バスコレクション」や「カーコレクション」、「街並みコレクション」などと同じく縮尺1/150 が採用されている。

これまで同社が展開する鉄道模型ブランドであるTOMIX (トミックス) はもとより、同業他社が殆ど手がけてこなかった、大手・地方私鉄 (現在は廃線となった路線も含む) の1960年代 - 1990年代前後に使用されていた車両を各種モデル化したのが特徴。

構造編集

製品の主なパーツ構成は射出成形によるプラスチック製の塗装済み車体と床板[注釈 1]、台車、軟質材によるパンタグラフから成り、玩具の手法でコストダウンが図られている。これにディスプレイ用のダミーレール[注釈 2]と封入された車両の銘板が付いた台座(一部を除く)が付属する。

Nゲージ化編集

鉄道模型として扱うことも考慮されており、Nゲージ化するための専用動力ユニットや走行用パーツセットも用意されている (後述)。パンタグラフはトミーテックをはじめとする同業他社製品に換装することが可能。またトミーテックではこのシリーズの開始直前にミニカーブレールシリーズを発売しており、車両製品と組み合わせることでテーブル上などの限られたスペースでも運転が楽しめるようになっている。

販売方式編集

各弾とも10種類の通常モデルと1種類のシークレットモデルで構成されているブラインドパッケージのレギュラーシリーズと、一般小売店向けオープンパッケージ製品がある。これら通常販売品のほか、鉄道会社限定の特製品や、イベントでの限定品も存在する。

なお、レギュラーシリーズのモデルに関してはモデル化車両の当該事業者がイベント等で限定発売するケースもある[1]

その他の製品編集

動力ユニット編集

鉄道コレクション用に作られた、Nゲージ化用の動力ユニットで、ワンタッチで車体に装着することが可能。車両の発売にあわせて新しい仕様の製品が発売されることが多く、動力ユニットや車両製品に付属する台車枠を交換することで様々な種類の車両に対応する。フライホイール付きで自在継ぎ手により台車を駆動する。TM-01 - 04と、TM-LRT01はトミーテックのスーパーミニカーブレールに対応している。

  • TM-01 (12m用)・TM-02 (15m用)
    第1弾発売に合わせて発売された黒染め車輪の動力ユニット。片台車駆動。3種類の台車枠パーツとラピードカプラーユニットとのセット。台枠と台車枠パーツの成型色は黒。台車枠パーツの内容はTM-01 - 04で共通。後述のTM-03・TM-04の発売に伴い、生産中止となった。
  • TM-03 (12m用)・TM-04 (15m用)
    第2弾発売に合わせて発売された銀色車輪の動力ユニットで、TM-01・02に集電不良のクレームがあったため、急遽製作された。車輪以外はTM-01・02と共通。
  • TM-05 (17m用A)・TM-06 (18m用)
    第3弾の発売に合わせて発売。両台車駆動。従来と同じ3種類の台車枠パーツと、ラピードカプラーユニットのセット。台車枠パーツはTM-01 - 04と異なり、またTM-05とTM-06では異なる。2007年以降に再生産されたものではスペーサーの形状をTM-08と同様のものに変更し、使用するスペーサーによってはボディマウント式TNカプラーの使用も可能である。台枠と台車枠パーツの成型色はグレー。。後に「R」がついた製品が発売されている。これはボディマウント式TNカプラーを使用する際にぶつからないようにするためかギアの位置を内側に変更している。
  • TM-07 (17m用B)
    第4弾の発売に合わせて発売。両台車駆動。TM-05とは台車の軸距が異なる。付属の台車枠パーツは新規制作。台車枠パーツの成型色は黒。
  • TM-08 (20m用A)
    第5弾の発売に合わせて発売。両台車駆動。台車枠パーツは新規製作で、成型色は黒。従来とはスペーサーの形状を変更し、使用するスペーサーによってはボディマウント式TNカプラーの使用も可能である。
  • TM-09 (20m用B)
    第7弾の発売に合わせて発売。両台車駆動。台車の軸距はTM-07と同じ。台車枠パーツの成型色は黒。スペーサーにKサイズが追加されている。
  • TM-10 (16m用A)
    第8弾の発売に合わせて発売。両台車駆動。台車枠パーツはTM-01 - 04と共通の3種類の他に、第8弾各形式に対応したものが付属する。
  • TM-11 (16m用C)
    第10弾の発売に合わせて発売。両台車駆動。TM-10とは台車の軸距・台車間距離が異なる。台車枠パーツは3種付属で新規製作。成型色は黒。
  • TM-11R (16m用C)
    第15弾に合わせて2012年3月に発売。既に発売済みであるTM-11の改良版でリニューアルの頭文字「R」が付記されている。従来どおり第10弾の車両(新潟交通クハ37を除く)にも使用可能。両台車駆動で成型色は黒。台車枠はTR26、FU34、ブリル27Eが付属。
  • TM-LRT01 (LRT用)
    富山ライトレールTLR0600形と同時発売。両台車駆動。装着する車両が連接仕様であるため、動力ユニットも関節が設けられており、片側に設置されたモーターから自在継ぎ手を経て両台車を駆動している。成型色は黒。
  • TM-12 (19m用A)
    第11弾の発売に合わせて発売。両台車駆動。成型色は黒。台車枠パーツにはFS311、FS345、およびFS369が2色ずつ (グレーおよびブルーグレー) 付属。これにより阪急1010系および1300系の動力化が可能。
  • TM-13 (19m用B)
    名鉄5200系の発売に合わせて2010年4月に発売。両台車駆動。台車枠パーツにはFS-103およびKS-33がブルーグレーで、FS-107がグレーで付属。これにより阪急810系の動力化が可能。
  • TM-14 (20m用A2)
    国鉄JR201系の発売に合わせて2011年1月に発売。TM-08とは台車間距離が異なる。台車枠パーツにはDT21、DT32およびTS-316が黒色で付属。
  • TM-15 (20m用A3)
  • TM-16 (20.5m用)
    第13弾の発売に合わせて2011年2月に発売。両台車駆動。成型色は黒。
  • TM-TR01 (路面電車用)
    2011年4月発売。異なる車長に対応するため36mm、38.6mm、41.2mmの3段階に変えることができる。片台車駆動。台車枠はKL11(グレー)、日車C型(グレー)、FS78(グレー)が付属。
  • TM-17 (20m用B2)
    2011年10月発売。両台車駆動。台車枠はDT12(クロ)、DT13(クロ)、DT17(クロ)が付属。

動力台車枠編集

  • TD-01
    TM-01 - 04・10に付属の台車枠パーツのグレー仕様。TM-01 - 06・08・10用。
  • TD-02
    TM-07・09に付属の台車枠パーツのグレー仕様。TM-07・09用。

Nゲージ走行用パーツセット編集

  • TT-01
    金属車輪4個とウェイト1個、ラピードカプラーユニット2個のセットで、ボギー台車の車両1両分。二軸の貨車にも使用可能で、この場合ウェイトは使用しない。生産中止。
  • TT-02
    第3弾の発売に合わせて発売。金属車輪8個(こちらからは中空軸に変更された)とウェイト2個、ラピードカプラーユニット2個のセットで、ボギー台車の車両2両分。ラピードカプラーユニットの胴受けは3種類の長さのものが同梱される。TT-04の発売にともない生産中止となった。
  • TT-03
    第4弾の発売に合わせて発売。TT-01と同一の仕様のものが2両分。ラピードカプラーユニットの成形色は黒。カプラースペーサー付き。後に「R」がつくものが発売され、ウェイトの幅を狭めている。
  • TT-04
    第5弾の発売に合わせて発売。TT-03のカプラーユニットの成形色をグレーとしたもの。こちらも後に「R」がつくものが発売され、ウェイトの幅を狭めている。

パンタグラフ・他編集

メーカー推奨オプションであるトミーテック(TOMIX)製のパンタグラフに加え、同業他社である関水金属製やグリーンマックス製の各種パンタグラフも取り付けることが可能。PS13が推奨とされている車種の大半は実際にはPS11や東洋電機製造C2、あるいは三菱電機S-516・750など市販製品が未だ存在しないか分売されていない形式のパンタグラフを搭載している。それらにPS13が推奨されているのはあくまで便宜上のものでしかない。なお、二軸貨車・LRTと動力ユニットの大半を除いて床板にボディマウントタイプTNカプラー取り付け用の突起、溝がある。ただし、そのまま取り付けられる車種は限られており、実際には何らかの加工を必要とする場合が多い。

専用コントローラー編集

  • 乾電池コントローラー
    2008年9月発売。旧型電車の主幹制御器をイメージした鉄道コレクション専用の電池式コントローラーで、「鉄コレ式制御器」の品名が付けられている。TOMIXのDCフィーダー (線路への給電コード) が付属しており、TOMIXレールに接続して使用する。単3電池を4本使用して動力車1台を制御できる。速度調整や進行方向の切り替えが可能。塗色はクリーム色の「A」と緑色の「B」の2種類。
  • 国鉄101系運転台型コントローラー
    2010年7月発売。国鉄101系電車の運転台を1/3サイズで再現したもので、以下の2種類のセットと、両方のセットを組み合わせたフルセットがある。電源は直流9ボルトで、交流100ボルトの家庭用電源から取得する。なお、通常のNゲージ動力車の動作については、自社製品であるTOMIX車両も含めメーカーでは保証していない。
    • マスコン・ブレーキセット
      主幹制御器を模したマスコンと、ブレーキ弁を模したブレーキの2つのユニットからなる、車両の運転操作を行うユニットである。TOMIXのDCフィーダーが付属しており、TOMIXレールを使用する場合、車両の操作はこのセットのみで可能。ブレーキ弁ハンドルは実車同様脱着可能である。マスコンユニットには効果音のサウンドモジュールが実装されている (効果音吹鳴にはメーターユニットが必要)。
    • メーター・ドア開閉器セット
      計器を模したメーターユニットとドアスイッチを模したドア開閉器の2つのユニットからなる、警笛・速度計・ブレーキ圧力計・ドアランプのギミックが実装されたユニット。メーターユニットに効果音吹鳴用のスピーカーが組み込まれている。このセットは単体では動作しない。
    • フルセット
      上記2種類のセット。日本玩具協会の「日本おもちゃ大賞」2010年ハイターゲット・トイ部門で優秀賞を受賞している。

富井電鉄猫屋線編集

鉄道コレクション10周年企画第3弾として2016年に発売された1/80スケールの製品。実物の軌道が軌間762mmの軽便鉄道を想定しており[2]、2018年10月現在10種類のラインナップがある。

関連商品編集

  • スーパーミニカーブレール・ミニカーブレール
    トミーテックの鉄道模型「TOMIX」の製品。カーブ半径103mmの「スーパーミニカーブレール」は、レギュラーシリーズ第1・第2弾の全モデルと、TLR0600形 (動力ユニット装着時) のみ走行可能。なお、シリーズの他モデルも半径140mmの「ミニカーブレール」には対応する。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 電車・気動車の場合はこれに座席パーツが付く
  2. ^ 第4弾まではトミックスの茶色道床レールに近い形状だったが、第5弾以降は形状が変わった

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集