メインメニューを開く

鉄道車両の製造メーカー一覧

ウィキメディアの一覧記事

鉄道車両の製造メーカー一覧は、鉄道車両を製造するメーカーを50音順に列挙したものである。検索性を高めるため、下記の凡例を用いた。

  • 合併や社名変更があった企業については、それぞれ箇条書きとしたため、重複して記載したものがある。
    • 日本のメーカーについては、企業名に変更があったものでも、結果的に50音順にすると隣接するものについては割愛してある。
      • 例)川崎車輌と川崎重工業は異なる企業であるが、同系統であることと、見出しが隣接するために一行でまとめた
  • 事業譲渡、倒産、他企業への合併等の履歴は、原則として直後の企業名までを記載した。
  • 企業名がアクロニムとなっている場合は、適宜アルファベット読みと正式名称で見出しを立てた。
    • 正式名称ではなく、日本でよく知られる略称の場合もある。
      • 例)AEGはドイツ語に近い「アー・エー・ゲー」ではなく、英語に近い「エー・イー・ジー」を見出しとし、あわせて広く知られている「アルゲマイネ(・エレクトリツィテート・ゲゼルシャフト)」も見出しとした
  • 略称や企業名の一部が広く知られている場合は、適宜どちらも見出しを立てた。
    • 例)「オーレンシュタイン・ウント・コッペル」は、「コッペル」も見出しとした
  • コンポーネントASSY部品のみを製造している企業は割愛した。
  • 記号の凡例
    • #印…車両の保守改造、更新修繕のみを行い、製造を行わない企業である。
    • 打消…事業譲渡・倒産・他企業への合併と問わず、その企業名での製造を既にとりやめた企業である。
  • 日本語版には記事がなくて英語版に記事があるものはそのリンクを、英語版に記事がないものには判明した範囲で各国語版のリンクまたは公式サイトのURLを添えた。
    • また発音が不明なものは、アルファベット表記のままとしている。
  • その他についてはノートを参照されたい。

日本編集

  • 太字は新幹線電車を製造するメーカー。
  • 日本国有鉄道の各工場でも車両を製造したが、ここには掲載していない。

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や行編集

ら行編集

わ行編集

  • 若松車輛→鉄道車両の製造を終了。貨車メーカー

アメリカ合衆国編集

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や・ら・わ行編集

イギリス編集

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や・ら・わ行編集

イタリア編集

インド編集

ウクライナ編集

ウルグアイ編集

オーストラリア編集

オーストリア編集

オランダ編集

  • NV Allan
  • Heemaf [12]
  • Werkspoor

カナダ編集

韓国編集

ギリシャ編集

グルジア編集

  • Elmavalmshenebli [13]

クロアチア編集

スウェーデン編集

スイス編集

スペイン編集

スロバキア編集

  • Avokov [18]
  • ZOS Vrutky

セルビア編集

  • Bratstvo
  • Fabrika Vagona Kraljevo
  • Goša
  • Mašinska Industrija Niš (MIN)

チェコ共和国編集

中華民国編集

  • 唐栄鉄工廠→台湾車輌
  • 台湾車輌
  • 台湾鉄工所→台湾機械→中鋼機械
  • 基隆船渠
  • 北晟重機
  • 皇車工業有限公司
  • 秦陽機械股份有限公司
  • 隆成發鐵工廠股份有限公司

中国編集

順不同

デンマーク編集

  • ABB Scandia
  • Triangel
  • Frichs
  • Pedershaab

ドイツ編集

トルコ編集

  • ツヴァサス (TÜVASAŞ、Türkiye Vagon Sanayi A.Ş.) (Turkish Wagon Industry Inc)
  • Turkish Railway Machines Industry Inc (TUDEMSAS)

ニュージーランド編集

ハンガリー編集

フィンランド編集

フランス編集

ベルギー編集

ポーランド編集

南アフリカ編集

ラトビア編集

ルーマニア編集

ロシア編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 職工数457人『工場通覧. 大正9年12月』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 天野車輛工場 職工数551人『工場通覧. 大正10年11月』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 『日本全国銀行会社録. 第47回(昭和14年)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 『帝国銀行会社要録. 昭和18年(31版)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 『最新機器綜合型録. 1947-1948』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 臼井茂信『機関車の系譜図3』交友社、1976年、436頁
  7. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第23回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第38回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ 『国産自動車商品案内. 昭和15年版』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  10. ^ 服部重敬「明治村で展示中の名電1号形電車に寄せて」『鉄道ピクトリアル』No.895、109頁
  11. ^ 『最新機器綜合型録. 1947-1948』(国立国会図書館デジタルコレクション)

外部リンク編集