メインメニューを開く

地理編集

東京都渋谷区の南西部に位置する。北部は渋谷区南平台町に接する。東部は、渋谷区鶯谷町に接する。南部は、渋谷区猿楽町に接する。西部は、旧山手通りに接し、これを境に目黒区青葉台に接する。

町域の多くは住宅地であり、旧山手通り沿道にはオフィスビルや店舗なども見られる。町域は一般に「代官山」として認識される地域のエリアである。

歴史編集

江戸時代には中渋谷村に属す。1889年明治22年)渋谷村大字中渋谷字鉢山、1928年昭和3年)渋谷町大字鉢山町、1932年(昭和7年)渋谷区鉢山町となる。1970年(昭和45年)住居表示が実施され、現在に至る。

地名の由来編集

擂鉢状の山が存在したことによる。空鉢仙人の鉢が飛来したものと伝えられる。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
鉢山町 607世帯 1,204人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]

番地 小学校 中学校
全域 渋谷区立猿楽小学校 渋谷区立鉢山中学校

交通編集

道路は旧山手通りが通っている。国道246号や山手通りにも近い。鉄道駅渋谷駅東急東横線代官山駅が利用可能な範囲にある。

路線バスは東急トランセの代官山循環線が通っており、代官山駅付近を経て渋谷駅まで運行されている。

施設編集

出身・ゆかりのある人物編集

新潟県人で、鉢山町に居住していた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳・外国人登録による人口”. 渋谷区 (2017年12月1日). 2017年12月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 通学区域”. 渋谷区. 2017年12月22日閲覧。

外部リンク編集