メインメニューを開く
1920年頃の銀座

銀ぶら(ぎんぶら)は、大正時代からの俗語で、「銀座の街をぶらぶら散歩すること[1][2]」である。「銀ブラ」とも表記する。

一般の国語辞典・俗語辞典などは、「銀座をぶらぶら歩く」「銀座をぶらつく」などの縮約形であることを前提に記述する。近年、銀座のコーヒー店などが異なる語源説を主張し、店内でも宣伝している(#ブラジル産コーヒーとの関係参照)が、語源として「東京銀座に在るカフェーパウリスタでブラジル産コーヒーを飲むことである」、とする記述は信用できる一次資料がない。

目次

発生編集

近代に入ってから、銀座が商業都市として著しく発展したことを背景に、この風俗・言葉は発生した。1918年服部嘉香・植原路郎編『新らしい言葉の字引』(実業之日本社)に「銀ブラ 銀座の街をぶらつく事」と記され、これが現時点では「銀ぶら」に言及した最も古い文献と見られる[3]

1924年水島爾保布『新東京繁昌記』(日本評論社)では、この言葉を言い出した人物について、慶応義塾大学の学生など複数の説を紹介する。

『銀ぶら』といふ言葉は、其最初三田の学生の間で唱へられたものだともいふし、また玄文社の某君の偶語に出たものだともいふ。勿論文献の徴すべき何ものもないが、これでも十数年乃至数十年の後にはいろんな内容いろんな伝説なども附会されて、随筆家の飯の種にもなれば考証家のヨタの材料にもなり社会学者の世渡りの資料にもなり、百年二百年の後には博士論文の題材になり、天ぷらの起源に山東京伝が参加したやうに、夏目漱石先生でも関係するなどといふことにならうも知れない[4]

上記のように、大正時代に、すでにこの言葉の出所は不明になっていた。後年、慶應義塾大学出身の日本文学者・池田弥三郎は、当時を追懐して以下のように語っている。

軽薄なことでは人後に落ちない、われわれ慶応の学生仲間たちも、銀座へでも行こうかとは誘い合ったが、銀ブラでもしようか、とは言わなかった。「銀ブラ」とは、おそらく、社会部記者用語ではあるまいか[5]

ただし、「銀ぶら」の用法は、当時から一貫して「銀座をぶらぶら歩くこと」であり、別の用法は見られない。1926年建部遯吾『社交生活と社会整理』(新日本社)では以下のように述べる。

銀座通りをブラつくことを近頃は銀ブラと云ふさうである。罪なき学生諸君、若くは浄らかなる家庭の令嬢が潔白なる母御に携へられて銀座を往来するといふが、是れ銀ブラの本質であるが、西洋の旅客が或は帝国ホテル、或は精養軒に宿つて居つて銀ブラをやる、(後略)[6]

語源については、「銀座の地回り」という指摘もあった。松山省三(カフェー・プランタン経営者)によれば、元々は「銀座の遊民、地廻りという意味に使われたもので、「ああ、あいつか。あれは銀ブラだ」という風に使われて」いたという[7]。用法は「銀座をぶらぶら」であるにしても、この言葉を作った人物は、「銀座の地回り」などが念頭にあったことは考えられる。松崎の言う通りだとすれば、銀座をぶらぶらする人を指す隠語であったのが、ぶらぶらする行為を指す新語、流行語に転じたことになる。

定着編集

その後、「銀ぶら」の風俗は定着し、羽衣歌子三島一声「銀ブラ行進」(1930年)、二村定一「銀ブラソング」(1932年)など、流行歌にも歌われた[8]。戦後の歌謡曲でも、「赤い靴のあのお嬢さん/今日も また銀ぶらか」(暁テル子「東京シューシャインボーイ」1951年)のように歌われた。

昭和初期には、これを真似て、大阪心斎橋を歩く「心ぶら」、道頓堀を歩く「道ぶら」、京都京極を歩く「京ぶら」、神戸元町を歩く「元ぶら」[9]、東京の新宿を歩く「新ぶら」[10]、さらに、横浜伊勢佐木町を歩く「佐木ぶら」[11]などの言葉も作られた。

文学作品の中にも登場する。獅子文六悦ちゃん』(1937年)では、銀座を散歩する場面で次のように用いる。

碌さんは銀ブラをすることにきめたが、さっき細野夢月と一緒に行く約束したことを思いだして、もう一度、芸術家倶楽部へ引返してみた[12]

戦後文学でも依然として多く用いられた。遠藤周作『ヘチマくん』(1960年)では、次のように銀座の散歩の意に用いている。

鮒吉は勘定を払うと外に出た。午後の陽が歩道にそそいで、銀ブラをする若い連中が腕をくんだり体をすり合わせたり、時々、ショウ・ウインドオの中を覗きこんだりしながら流れていく[13]

ブラジル産コーヒーとの関係編集

「銀ぶら」は「銀座のコーヒー店・カフェーパウリスタでブラジルコーヒーを飲むこと」である、という店の関係者による言及があり、その説が1990年代末頃から新聞記事などにてたびたび見られるようになった[14]。同店は2017年現在、訪れた客に対して、「あなたは本日、銀ブラを楽しんだ事を証明します」という「銀ブラ証明書」(スタンプカード)を発行している。この説はカフェーパウリスタの自称であるが、テレビの特集企画などで銀座を取り上げる際には「銀座でブラジルコーヒーを飲むこと」と解説されることもある[15]。 カフェーパウリスタ(日東珈琲)の5代目社長、長谷川泰三[16]による『カフエーパウリスタ物語』(2008年11月発行)では以下のように記す。

「銀ブラ」という言葉は、一般には「東京の繁華街銀座通りをぶらぶら散歩すること」(岩波書店『広辞苑』より)と信じられているが、「銀座のカフエーパウリスタでブラジル珈琲を飲む」ことであるらしい。銀座の銀とブラジルのブラを取って「銀ブラ」とした新語で、語源は慶應の学生たちが造り、流行させた言葉のようだ[17]

同書では、この後、いくつかの資料を挙げているが、そのいずれにも「銀ぶら」が「銀座でブラジルコーヒーを飲むこと」という記述は見られない。現状では、「銀座でブラジルコーヒー」説は、民間語源説のひとつと捉えるのが妥当である。『三省堂国語辞典 第七版』(2014年1月10日発行)の「銀ぶら」の項目では、以下のように、この語源説を「あやまり」と記している。

銀ぶら(中略)〔俗〕東京の銀座通りを ぶらぶら散歩すること。〔大正時代からのことば。「もと、銀座でブラジル コーヒーを飲むことだった」という説は あやまり〕[18]

同辞典の編集委員である飯間浩明も、『厳しいことばを使えば「ガセ」と形容すべき説』と指摘している[19]

日本のコーヒー文化を研究する星田宏司[20]と岡本秀徳[21]は、『「銀ブラ」の語源を正す―カフエーパウリスタと「銀ブラ」』(2014年3月1日発行)の中で、『カフエーパウリスタ物語』に挙げられた「根拠」を具体的に検証する。その上で、「銀座でブラジルコーヒー」説は「トリックを駆使して創られた平成年製の「『銀ブラ』の語源」」(147ページ)、「語源といえる実態を備えていない、平成の造語」(148ページ)と論じ、これを鵜吞みにする「不勉強なマスコミとマスコミ人」(3ページ)を批判している[22]NHK連続テレビ小説花子とアン』(中園ミホ脚本)の劇中(85話。初放映は2014年7月7日)では銀ブラの語源について以下のようなやりとりがあるが、フィクションなので情報源としては条件を満たさない。

徳丸武(はなの幼馴染みで同級生) とりあえず銀ブラに連れて行けし!

安東かよ(はなの2つ年下の長妹で安東家の次女) あのう、銀ブラの意味わかってます?

武 バカにするじゃねえ 銀座をブラブラするから銀ブラに決まってるラ!

安東かよ・安東はな(主人公) 違います!

安東はな 銀座でブラジルコーヒーを飲むから銀ブラって言うんです

美輪明宏(ナレーター) それが銀ブラの本来の意味だという説もあります

脚注編集

  1. ^ デジタル大辞泉銀ぶら』 - コトバンク
  2. ^ 新村出編『広辞苑』(第五版)岩波書店、1998年。
  3. ^ 日本国語大辞典 第二版』(小学館 2001年)の「銀ぶら」の項目に引用。
  4. ^ [1]水島爾保布『新東京繁昌記』国立国会図書館デジタルコレクション。
  5. ^ 『銀座十二章』朝日新聞1965年
  6. ^ [2]建部遯吾『社交生活と社会整理』国立国会図書館デジタルコレクション。
  7. ^ 安藤更生『銀座細見』(春陽堂 1931年)の「銀ブラの語源」の節による。その後、丸山鐵雄の『歌は世につれ』(みすず書房 1983年)は「“銀ブラ”という言葉は、大正時代からあったが、そのころは主として銀座の地回りのことをさしたという」(米川明彦編『日本俗語大辞典』(東京堂出版 2003年)の「銀ブラ」の項目に引用)と指摘する
  8. ^ 福田俊二・加藤正義編『昭和流行歌総覧(戦前・戦中編)』(柘植書房 1994年
  9. ^ いずれも米川明彦編『日本俗語大辞典』の各項目による。
  10. ^ 『日本国語大辞典 第二版』(小学館 2001年)の「新ぶら」の項目。
  11. ^ 「かつてはハイカラなひびきをもったこのことば(=「銀ぶら」)は、横浜・伊勢佐木町の「佐木ブラ」というふうに輸出されもした」(稲垣吉彦『ことばの輪』文藝春秋 1983年
  12. ^ 獅子文六『悦ちゃん』角川文庫 1962年版による。
  13. ^ 遠藤周作『ヘチマくん』角川文庫 1963年版による。
  14. ^ 例えば、『産経新聞』1999年(平成11年)1月17日 第22面(東京面)「東京再発見 路線バスの旅」など。
  15. ^ “「銀ブラ」語源、銀座でブラジルコーヒーが「正解」 「ふしぎ発見」紹介で議論...識者に聞く”. J-CASTニュース. (2018年12月3日). https://www.j-cast.com/2018/12/03344536.html 2018年12月23日閲覧。 
  16. ^ 日本で最初の喫茶店「ブラジル移民の父」がはじめたカフェーパウリスタ物語 | 銀座カフェーパウリスタ、2014年7月11日閲覧
  17. ^ 長谷川泰三『日本で最初の喫茶店「ブラジル移民の父」がはじめた カフエーパウリスタ物語』(文園社 2008年
  18. ^ 『三省堂国語辞典 第七版』(三省堂 2014年
  19. ^ 飯間浩明 (2018年12月19日). “「銀ブラ」”. Webでも考える人. 新潮社. 2018年12月23日閲覧。
  20. ^ 金沢大学講師、いなほ書房代表取締役、日本コーヒー文化学会常任理事、「珈琲と文化」編集長(『「銀ブラ」の語源を正す―カフエーパウリスタと「銀ブラ」』著者略歴による)
  21. ^ コーヒー文化研究をライフワークとし、「コーヒー文化研究」誌にカフエーパウリスタと水野龍についての論文複数を発表(『「銀ブラ」の語源を正す―カフエーパウリスタと「銀ブラ」』著者略歴による)
  22. ^ 星田宏司・岡本秀徳『「銀ブラ」の語源を正すーカフエーパウリスタと「銀ブラ」』(いなほ書房 2014年

関連項目編集