銀山駅

日本の北海道余市郡仁木町にある北海道旅客鉄道の駅

銀山駅(ぎんざんえき)は、北海道余市郡仁木町銀山2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線である。駅番号S21電報略号キン

銀山駅
JR Hakodate-Main-Line Ginzan Station building (20180923).jpg
駅舎(2018年9月)
ぎんざん
Ginzan
S22 小沢 (9.8km)
(10.7km) 然別 S20
所在地 北海道余市郡仁木町銀山2丁目
駅番号 S21
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線
キロ程 213.4km(函館起点)
電報略号 キン
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
58人/日
-2015年-
開業年月日 1905年明治38年)1月29日
備考 簡易委託駅(駅外)
テンプレートを表示

歴史編集

 
1976年の銀山駅と周囲約750m範囲。下が倶知安方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅である。ホーム函館駅寄りに構内踏切があり、2番ホームへはこれを渡る。1番ホームは砂利敷だが、2番ホームは舗装されている。

余市駅が管理する簡易委託駅であるが、乗車券は徒歩数分の商店で扱っているため、駅は無人となっている。営業時間6時00分 - 20時00分。駅舎はいたって小さい。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 函館本線 上り 倶知安長万部方面
2 下り 小樽札幌方面

利用状況編集

1日の平均乗降人員は以下の通りである。[4]

乗降人員推移
年度 1日平均人数
2011 50
2012 62
2013 66
2014 70
2015 58

駅周辺編集

駅は集落を東に望む丘の中腹にある。

隣の駅編集

北海道旅客鉄道(JR北海道)
函館本線
快速「ニセコライナー」・普通
小沢駅 (S22) - 銀山駅 (S21) - *山道駅 - 然別駅 (S20)
*打消線は廃駅[注釈 1]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 山道駅廃止時点では、当駅は未開業

出典編集

  1. ^ 『官報』 1905年02月08日 逓信省彙報「停車場設置」(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ “JR北海道 7駅のホーム延伸”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2004年4月12日) 
  3. ^ “駅番号表示(駅ナンバリング)を実施します” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2007年9月12日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070912-3.pdf 2014年9月6日閲覧。 
  4. ^ 国土数値情報 駅別乗降客数データ - 国土交通省、2020年9月20日閲覧
  5. ^ 「予約制バス本格運行」のお知らせ (PDF)”. 仁木町. 2019年6月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集