メインメニューを開く
銀嶼の位置(南シナ海内)
銀嶼
銀嶼

銀嶼英語:Observation Bank、ベトナム語: Bãi Xà Cừ / 𣺽硨磲)は、西沙諸島(パラセル諸島)南西部のクレスセント諸島英語: Crescent Group中国語: 永楽環礁)の北部に位置する砂州のひとつ。

鴨公島から北東1海里離れている。海抜は2メートル余り。面積は0.01平方キロメートル。旧名は観察灘帯または森屏灘[1]。多数の小屋が建設されている。

銀嶼は中華人民共和国実効支配され、海南省三沙市に属する。中華民国台湾)とベトナムも銀嶼の主権を主張している[2]

脚注編集