メインメニューを開く

銀座の若大将』(ぎんざのわかだいしょう)は、加山雄三主演の日本映画若大将シリーズの第2弾。1962年2月10日公開。東宝製作。併映は豊田四郎監督の『明日ある限り』。(主演香川京子佐野周二)。

銀座の若大将
監督 杉江敏男
脚本 笠原良三田波靖男
製作 藤本真澄
出演者 加山雄三星由里子田中邦衛
音楽 広瀬健次郎
撮影 完倉泰一
配給 東宝
公開 日本の旗 1962年2月10日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 1億9千300万
前作 大学の若大将
次作 日本一の若大将
テンプレートを表示

目次

概要編集

1960年代の日本映画を代表する人気シリーズの第2作である。前作に引き続き東宝の娯楽映画のベテラン杉江敏男が監督した。この映画では加山雄三は黒澤明監督の『椿三十郎』でしごかれたあとだけあってリラックスした演技を見せた。また、劇中で澄子役の星由里子から名前を尋ねられた際に楽屋落ち的なギャグを放っている。

ストーリー編集

京南大学法学部の学生、田沼雄一は軽音楽部に所属する学生である。父親の友人である島川の経営するレストランで拳闘部のマネージャーである江口の引き起こした喧嘩に巻き込まれて店をめちゃくちゃにしてしまう。店を壊した責任と島川の娘・信子と結婚させようという親たちの企みもあって雄一はレストランで住み込みで働くことになる。レストラン隣の洋裁店で働く中里澄子と親しくなる雄一だが、同級生の京子や妹・照子の友達でファッションモデルのきみ子にも言い寄られるモテモテぶり。一方、拳闘部の助っ人として試合に出ることになった雄一は、万座のホテルに出張させられたりと練習も思い通りにはいかない始末。女性たちに言い寄られて好きな澄子にも誤解を受けて試合当日を迎えるのだった。

ロケ地編集

  • 渋谷
  • 神宮外苑並木道
  • 迎賓館前
  • 皇居お堀端
  • 道玄坂1丁目(現マークシティ横)
  • 日比谷公園
  • 万座温泉スキー場
  • 青山通り

配役編集

スタッフ編集

楽曲編集

  • 夢をえがいて
    作詞/三田恭次、作曲/広瀬健次郎、歌/加山雄三
  • 星空
    作詞/岩谷時子、作曲/広瀬健次郎、歌/加山雄三

外部リンク編集