メインメニューを開く

銀座ブランスウィック (ゲイバー)

銀座ブランスウィック(ぎんざブランズウィック)は、日本ゲイ喫茶バー

概要編集

戦後間もない頃、東京市京橋区銀座尾張町(現:東京都中央区銀座5丁目)に開店したゲイ喫茶バー[1]である。

三島由紀夫の長編小説『禁色』に出てくるゲイ・バア「ルドン」のモデルになったといわれ、若き日の丸山明宏ボーイとして働いていた。ここのマスターは戦前もずっと昔に、銀座でカフェを経営していたことがあるとされる。

丸山の他、野坂昭如もボーイとして働き、作家・安部譲二用心棒として雇われていた。店内の様子、当時の同性愛者の出会い模様などは、三島の「禁色」に詳しい。

脚注編集

  1. ^ 伊藤文学のひとりごと「戦後のゲイバアをのぞく~銀座・ブランスウィック~」。

関連項目編集