日本 > 愛知県 > 刈谷市 > 銀座

銀座(ぎんざ)は、愛知県刈谷市町名。現行行政地名は銀座1丁目から銀座6丁目。

銀座
銀座の街並み
銀座の街並み
銀座の位置(愛知県内)
銀座
銀座
銀座の位置
北緯34度59分15.07秒 東経136度59分28.05秒 / 北緯34.9875194度 東経136.9911250度 / 34.9875194; 136.9911250
日本の旗 日本
都道府県 愛知県の旗 愛知県
市町村 Flag of Kariya, Aichi.svg 刈谷市
町名制定[1] 1960年(昭和35年)
面積
 • 合計 0.120463165km2
人口
(2019年(令和元年)6月1日現在)[3]
 • 合計 1,085人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
448-0845[4]
市外局番 0566(刈谷MA[5]
ナンバープレート 三河

地理編集

刈谷市の中央部に位置している[6]。北は寺横町八幡町と、東は新栄町と、南は広小路と、西は城町と接している[6]

秋葉神社の祭礼である万燈祭には、7ある氏子町として「銀座、司町、新栄町、寺横町、東陽町、広小路、広小路五組」が参加している[7]

歴史編集

刈谷城の旧城下町における本町・中町・末町・肴町・下町に相当する[6]

1960年(昭和35年)に刈谷市大字刈谷の一部が刈谷市銀座となった[1]。商店街が要望したことで命名された[1]。「銀座」とつく町名としては、半田市銀座本町に続いて、県内2番目という[8]。1989年(平成元年)時点の世帯数は279、人口は954[6]

世帯数と人口編集

2019年(令和元年)6月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[3]

丁目 世帯数 人口
銀座1丁目 32世帯 84人
銀座2丁目 88世帯 183人
銀座3丁目 99世帯 295人
銀座4丁目 101世帯 290人
銀座5丁目 58世帯 111人
銀座6丁目 44世帯 122人
422世帯 1,085人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移

1995年(平成7年) 781人 [9]
2000年(平成12年) 876人 [10]
2005年(平成17年) 890人 [11]
2010年(平成22年) 911人 [12]
2015年(平成27年) 1,051人 [13]

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[14][15]

丁目 番・番地等 小学校 中学校
銀座1丁目 全域 刈谷市立亀城小学校 刈谷市立刈谷南中学校
銀座2丁目 全域
銀座3丁目 全域
銀座4丁目 全域
銀座5丁目 全域
銀座6丁目 全域

施設編集

その他編集

日本郵便編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 496.
  2. ^ 愛知県刈谷市の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年6月10日閲覧。
  3. ^ a b 町丁別人口” (日本語). 刈谷市 (2019年6月3日). 2021年5月18日閲覧。
  4. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。
  5. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月10日閲覧。
  6. ^ a b c d 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1665.
  7. ^ 万燈祭 刈谷市観光協会
  8. ^ 今尾恵介 2019, p. 134.
  9. ^ 総務省統計局 (2014年3月28日). “平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  10. ^ 総務省統計局 (2014年5月30日). “平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  11. ^ 総務省統計局 (2014年6月27日). “平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  12. ^ 総務省統計局 (2012年1月20日). “平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  13. ^ 総務省統計局 (2017年1月27日). “平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  14. ^ 小学校学区の一覧”. 刈谷市 (2012年12月21日). 2021年5月18日閲覧。
  15. ^ 中学校学区の一覧”. 刈谷市 (2012年12月21日). 2021年5月18日閲覧。
  16. ^ 活動紹介 日本キリスト教団刈谷教会
  17. ^ 札の辻跡 刈谷市観光協会
  18. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

参考文献編集

  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年(日本語)。ISBN 4-04-001230-5
  • 今尾恵介『地名崩壊』KADOKAWA〈角川新書〉、2019年11月10日。ISBN 978-4-04-082300-3

関連項目編集

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、銀座 (刈谷市)に関するカテゴリがあります。