メインメニューを開く
国道39号標識
国道273号標識

銀河トンネル(ぎんがトンネル)は北海道上川郡上川町にある国道39号国道273号との重用区間)にあるトンネル。全長は3,388 m[1]

国道39号・273号にあるトンネルの中では最長となる。

概要編集

付近の国道は石狩川沿いの層雲峡に沿って造られているが落石が多く、1987年(昭和62年)6月9日には天城岩崩落による死亡事故が発生した[2]。対策としてはじめは小函付近に小函トンネルを整備したが、その後も落石が頻発したため山側に新しいトンネルを掘ることになった。層雲峡温泉から約2 km(起点である旭川市からは69 km)の付近からトンネルを掘り始め、終点付近は小函トンネルの一部区間を使用する形をとった。

トンネルは1995年(平成7年)に完成。旧国道の近くにある銀河の滝に因んで銀河トンネルと命名され、同年10月より供用開始した[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 一般国道39号 上川町 銀河トンネル”. 旭川開発建設部. 2014年10月28日閲覧。
  2. ^ 吉田博の落石研究室 【特別号】落石対策における現状と今後の展望”. 土木情報サービス いさぼうネット. 2014年10月28日閲覧。

外部リンク編集