メインメニューを開く

銀河探査2100年 ボーダープラネット

銀河探査2100年 ボーダープラネット』(ぎんがたんさにせんひゃくねん ボーダープラネット)は、1986年8月24日日本テレビ系列で放送の第9回『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』内で放送されたテレビアニメ日本テレビ手塚プロダクションの共同製作。

銀河探査2100年 ボーダープラネット
アニメ
原作 手塚治虫(原案)
監督 手塚治虫
脚本 手塚治虫
キャラクターデザイン 小原渉平
メカニックデザイン 小原渉平
音楽 羽田健太郎
アニメーション制作 東映動画
製作 日本テレビ手塚プロダクション
放送局 日本テレビ系列
放送期間 1986年8月24日 -
話数 全1話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

概要編集

『24時間テレビ』で毎年恒例となっていた手塚治虫アニメの1本。手塚治虫が存命中に完成した最後の作品となった。『24時間テレビ』内で放送の手塚アニメは毎回制作に時間がかかっていたが、本作は特に逼迫しており、フィルムが完成したのが放送の5分前だったという[1]

冒頭は主人公たちの過去の様子の回想シーン、続いて現在の物語、3つのエピソード、そしてエピローグという構成になっている。エピソードごとにスタッフも交代して作風も変えるというオムニバス形式の作品[2]

回想シーン、エピローグおよび3つのエピソードの合間には、BGMとしてモーツァルト「ピアノ協奏曲第23番」第2楽章が使用されている。

あらすじ編集

スバル、プロキオン、ミラは子供の時から仲良しでいつも3人で遊んでいた。大・中・小のキャンディがあれば、スバルは一番大きな物を迷わずにミラにあげ、中と小は迷ってから中をプロキオンにあげていた。やがて成長した3人。大学卒業後、宇宙飛行士となったプロキオンとミラは結婚し、スバルは遠くから、幸せな2人の様子を穏やかな表情で見守る。

結婚式当日夜、プロキオンは事故を起こした宇宙船の救援作業のため宇宙港にかり出される。宇宙船の中でプロキオンが見つけた物質は、細胞の結合を破壊し、人間の体をどろどろに溶かしてしまうビールスだった。わずかに指先がそれに触れただけなのに、プロキオンは次第に体調不良をおぼえ、その夜のうちにミラの目の前で体が溶解し、死んでしまう。妻のミラにもビールスが感染した可能性があり、彼女は病気の進行を食い止めるため冷凍睡眠に入る。そして、今なおミラを愛しているスバルは、ワクチンを作るためのビールスの素を探すべく、銀河中のさまざまな惑星を探査していく。

物語ではそのうちの3つの惑星でのエピソードが語られる。

ある惑星では、農業用コンピュータが肥料を得るために人間を襲っていた。またある惑星では、ロケットを解体され閉じ込められていた人々と協力して新しいロケットを作り、地球へ戻した。惑星エデンでは、仲間の精力が奪われていることを知った現地の青年とともに、ビールス生産工場を破壊した。

1つの探査が終わるたび、スバルは眠り続けるミラの元を訪れる。次第に年齢を重ねていくスバル、対して若く美しいままのミラ。

やがて冷凍睡眠から目覚めたミラの前には、スバルとよく似た青年・ゼンタがいた。「スバルとのことはもう終わった」と語る彼。スバルが持ち帰ったビールスの素から作られたワクチンによってミラは救われていた。彼から治療を受けるうちに恋人同士になっていく。退院したミラの前に現れたゼンタの父母――それは老齢となったスバルと、人々が閉じ込められた惑星でスバルが出会った女性ミシェルだった。

キャスト編集

スタッフ編集

ソフト編集

  • DVD『銀河探査2100年 ボーダープラネット』(パイオニアLDC、2002年9月26日、73分、ASIN B00006HBGM)

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 「ビデオラボ 愛は地球を救う手塚アニメ 武井英彦PDにインタビュー」『アニメージュ』1990年2月号、徳間書店、pp.198-199。
  2. ^ アニメージュ編集部編『TVアニメ25年史』徳間書店、1988年、p.165.

外部リンク編集