メインメニューを開く

銀色の少女」(ぎんいろのしょうじょ)は、岡村孝子の通算32枚目のシングル。2006年4月26日発売。発売元はBMG JAPAN

銀色の少女
岡村孝子シングル
初出アルバム『四つ葉のクローバー
B面 遠き故郷(ふるさと)
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル BMG JAPAN
作詞・作曲 さだまさし
岡村孝子
プロデュース Takako Okamura & Yukio Hiasa
チャート最高順位
岡村孝子 シングル 年表
夢をあきらめないで 『逆境ナイン』リマスタリング・バージョン
2005年
銀色の少女
2006年
IDENTITY
2010年
テンプレートを表示

解説編集

表題曲の作詞はさだまさしによるもので、高齢化社会に向けた歌詞となっている。編曲は、さだが提供した山口百恵の楽曲「秋桜」と同じ萩田光雄

  • さだとは、岡村が約20年ぶりに出演したNHKの音楽番組『夢・音楽館』(2005年1月13日放送)で共演し、本作のコラボレーションにつながった。もともと岡村はさだに憧れて歌を書くようになり、加藤晴子とのユニット・あみんもさだの『パンプキン・パイとシナモン・ティー』(1979年)に登場する喫茶店の名前が由来であるなど、さだとは縁があった。
  • 他者による詞を歌うのは3枚目のシングル「はぐれそうな天使」(1986年3月20日リリース)以来である[1]
  • コーラスに元あみん(当時)の加藤晴子がゲスト参加している。2007年に再結成を果たし、同年7月25日に発売されたあみんのアルバム『In the prime』には「銀色の少女 〜あみんVersion〜」が収録されている。こちらではコーラスだけではなく、加藤のソロパートもある。

カップリング曲「遠き故郷(ふるさと)」は2008年現在、このシングルでのみ聴くことができる。ただし、のちに加藤のソロによるカヴァー・バージョンが作られ、あみんのアルバム『未来へのたすき』(2008年10月22日リリース)に収録されている。

本シングルと、15枚目のアルバム『四つ葉のクローバー』(2006年5月24日)の初回生産分のダブル購入者への連動特典があった(抽選で全国各地でのトークショーへ招待)。この『四つ葉のクローバー』のDVD付き初回限定生産盤には、ミュージック・ビデオが収録されている。

シングル・ジャケット写真は、オーストラリアパースの砂漠で撮影された。ジャケット候補の写真は何枚かあったらしいが、スタッフの間では採用されたものがダントツの高評価であったという(トークショーより)。

収録曲編集

  1. 銀色の少女 (5:19)
    • 作詞: さだまさし 、作曲: 岡村孝子 、編曲: 萩田光雄
  2. 遠き故郷(ふるさと) (4:41)
    • 作詞・作曲: 岡村孝子 、編曲: 萩田光雄
  3. 銀色の少女 〜インストゥルメンタル〜
  4. 遠き故郷 〜インストゥルメンタル〜

収録アルバム編集

脚注編集

  1. ^ シングル「はぐれそうな天使」のカップリング曲「ひとりぼっちの心を抱きしめて」の作詞も他者との共作。