メインメニューを開く

銭 弘俶(せん こうしゅく)は、十国呉越の第5代(最後)の王。第2代文穆王銭元瓘の九男。

忠懿王 銭弘俶
呉越
第5代王
王朝 呉越
在位期間 948年2月12日 - 978年6月11日
姓・諱 銭弘俶→銭俶
文徳
諡号 忠懿王
廟号
生年 宝正4年8月24日
929年9月29日
没年 端拱元年8月24日
988年10月7日
文穆王
恭懿夫人
后妃 孫太真
年号 乾祐 : 948年 - 950年
広順 : 951年 - 953年
顕徳 : 954年 - 960年
建隆 : 960年 - 963年
乾徳 : 963年 - 968年
開宝 : 968年 - 976年
太平興国 : 976年 - 978年

北宋の宣祖趙弘殷避諱により、「弘」の字が略されている文献もある。

目次

略歴編集

誕生から即位まで編集

929年宝正4年)8月24日、文穆王の九男として杭州功臣堂に生まれる。兄は3代王銭弘佐・4代王銭弘倧。母は呉漢月

939年天福4年)12月に内牙諸軍指揮使・検校司空となり、兄の銭弘佐の代に検校太尉となる。

947年(天福12年)3月、台州刺史として台州に赴任する。この際、現地の法眼宗天台徳韶に面会した際、早く杭州に戻った方がよいと勧められ、10月に杭州に戻る。

同年12月、急激な軍部の改革を恐れた宿将の胡進思により4代呉越王銭弘倧が廃位に追い込まれ、異母弟である銭弘俶が呉越王に擁立された。

即位から帰順まで編集

948年乾祐元年)1月に、天龍堂で即位し、弟の銭弘億丞相に任じた。3月には、兄の暗殺を進言した胡進思の進言を泣いて拒否、胡進思は薛温に王命と詐って銭弘倧の暗殺を命じたが拒否され、憂悶のうちに死去した。

950年(乾祐3年)2月、南唐陳誨福州に攻めて来たので、策略でもってこれを敗退させた。

952年広順2年)6月、母太后が薨去。9月、禁酒令を出した。

956年顕徳3年)1月、後周南唐攻めに要請により部下を参加させるも、敗退する。この年、敗戦による人手不足のため、民から徴兵を試みたが、弟の弘億に諫められて止めた。

958年(顕徳5年)2月、後周の南唐攻めに参加し、南唐が後周に帰順する。4月、杭州で大火事。

960年建隆元年)、後周の世宗(柴栄)が急死し、陳橋の変により 趙匡胤が即位し北宋成立。9月、クーデターを計画していた叔父の呉延福らを流罪にする(処刑を勧められたが泣いて止めさせた)。

964年乾徳2年)、宋の後蜀攻めに義弟の孫承祐を派遣して参加させた。以降、王世子の銭惟濬を度々代理として開封に派遣した。

974年開宝7年)、宋の南唐攻めに自ら参加し常州を攻め、翌年に降伏させる。

976年(開宝9年)1月、南唐降伏の祝賀のため、自ら開封に海路で参内、4月に帰国する。10月、趙匡胤が急死し、弟の趙光義が即位(太宗)。11月に王妃孫太真が薨去する。

978年太平興国2年)、再び開封入りし、5月に臣下と図って、呉越領を献じた。宋からは淮海国王、漢南国王、南陽国王、許王、鄧王に封じられた。

988年端拱元年)8月24日還暦を迎え、その祝宴の席上で倒れ、薨去した。

施策編集

基本的には国内の農業・製塩業・商業を振興させ、東シナ海を舞台とした国際海上貿易を行って富を蓄えている。

蓄えた富を元に五代の各王朝に朝貢して冊封を受けて安全を買うも、北宋が南唐を下したことにより、残りが自国と北漢となってしまい、早めの納土を決断した。

仏教との関わり編集

もともと銭一族は仏教への信仰が厚かったが、弘俶は天台徳韶を国師に招いて菩薩戒を受けたり、永明延寿永明寺に招聘したり、阿育王塔(通称:銭弘俶塔)を作らせて各地に奉納したり、空律寺霊芝寺霊隠寺千光王寺などを創建したり、大陸で散逸した天台経典を求めるため、高麗日本に依頼したり、子どもを僧侶にするなど、仏教振興に努めた。

子孫編集

銭一族は兄弟が多く、自身の兄弟を内政・軍部・地方の高官に着けるほか、子や従兄弟、甥も高官に任じ、一族で呉越国を運営した。

宋に帰順後は、一族は宋の官僚として活躍した。

父:銭元瓘
母:呉漢月
妻:孫太真、兪氏、黄氏
  • 銭惟濬(王世子、北宋侍中・蕭国公)
  • 銭守吉:北宋西京作坊使
  • 銭守譲:北宋東染院使
  • 銭惟渲:北宋濰州団練使
  • 銭惟灝:北宋昭州刺史
  • 銭惟溍:北宋奨州刺史
  • 銭惟漼
  • 銭惟演
  • 銭惟済:北宋検校司空
養子
  • 銭惟治:銭弘倧の長子、呉越検校太尉
  • 銭丕:北宋光禄少卿
  • 銭昱:銭弘佐の長子、呉越台州刺史
異母兄弟
  • 銭弘偡:銭元瓘の第8子、呉越検校司空
  • 銭弘億:銭元瓘の第10子、呉越丞相
  • 銭弘儀:銭元瓘の第11子、北宋金州観察使
  • 銭弘偓:銭元瓘の第12子、呉越衢州刺史
  • 銭昭度
  • 銭弘仰:銭元瓘の第13子、呉越台州刺史
  • 銭昭序:北宋知通利軍
  • 銭弘儼(銭弘信):銭元瓘の第14子、北宋随州観察使

伝記編集

  • 「忠懿王世家上・下」(『十国春秋』81・82所収)
  • 「呉越銭氏」(『宋史』480「世家3」所収)
  • 「(銭)俶」(『旧五代史』133「世襲列伝2」所収)
  • 「(銭)俶」(『新五代史』67「呉越世家7」所収)
  • 銭弘儼『忠懿王勲業志』3巻

参考文献編集

  • 阿部肇一「呉越忠懿王の佛教策に関する一考察」(『駒沢史学』1号、1953年、駒澤大学史学会)
  • 常盤大定「佛教史上に於ける二人の忠懿王」(『支那仏教の研究 第二』1979年名著普及会
  • 谷口耕生「呉越の仏舎利信仰と鏡像の伝播」PDF

外部リンク編集

先代:
銭弘倧
呉越の王
第5代:947年 - 978年
次代: