銭 弘佐(せん こうさ)は、十国呉越の第3代王。文穆王銭元瓘の六男。

忠献王 銭弘佐
呉越
第3代王
王朝 呉越
在位期間 天福6年9月3月 - 天福12年6月2日
941年9月26日 - 947年6月22日
都城 銭塘(杭州
姓・諱 銭弘佐
元祐
諡号 忠献王
廟号 成宗
生年 宝正3年7月26日
928年8月14日
没年 天福12年6月2日
947年6月22日
文穆王
仁恵夫人
后妃 文献夫人
仰元妃

生涯編集

温厚な性格で読書を好み、漢詩に長じていた。

天福6年(941年)、父王の薨去にともない王位を継承し、後晋により呉越国王に封じられた。開運2年(945年)にはに出兵し南唐とその版図を二分し、福州を占拠している。天福12年(947年)に20歳で薨去した。子が幼少であったため、七弟の銭弘倧が後を継いだ。

家族編集

父母編集

  • 祖父:銭鏐
  • 祖母:昭懿夫人陳氏
  • 父:銭元瓘
  • 母:仁恵夫人許氏

妻妾編集

  • 文献夫人杜氏
  • 元妃仰氏

男子編集

  • 銭昱 - 富水侯
  • 銭郁 - 西平侯

銭弘佐を主人公とする作品編集

王室の称号
先代
文穆王
呉越(第3代)
941年 - 947年
次代
忠遜王