メインメニューを開く

銭村健三

銭村 健三(ぜにむら けんぞう、1927年5月16日 - 2018年12月13日)は、アメリカ合衆国ハワイ準州Territory of Hawaii)出身の元プロ野球選手外野手投手)。日系二世。愛称は「ハワード」[1]

銭村 健三
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ハワイ準州
生年月日 (1927-05-16) 1927年5月16日
没年月日 (2018-12-13) 2018年12月13日(91歳没)
身長
体重
170 cm
62 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手投手
プロ入り 1953年
初出場 1953年
最終出場 1953年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

父は広島出身の日系人で「日系人野球の父」と呼ばれた銭村健一郎[2]。現在、高校野球応援歌としてよく使われる立教大学の第2応援歌「St. Paul’s Will Shine Tonight[3]」は、1927年に日本に遠征したケンイチ率いるフレズノ・アスレチッククラブ(フレスノ野球団)によって立教大学に伝承されたもの[4][5]

3人兄弟の次男で、兄は東洋工業サッカー部に在籍した銭村健次、弟は広島カープに在籍した銭村健四。父・健一郎がカリフォルニア州フレズノにあった「フレズノ・アスレチッククラブ(フレスノ野球団)」でプレーしていた時に生まれる[6]。なおプロ野球関連資料ではハワイ準州出身と記載されているため、検証可能性の観点からそれに従う。池井優著『ハロー、マニエル、元気かい プロ野球外人選手列伝②』には、長男・健次はハワイホノルルで生まれたと書かれているが、健三、健四の出生地がどこかはっきり書かれていない。ただ健次がハワイの祖父母宅にいた頃、生後8ヶ月の健四に会ったという記述が見られるため、三兄弟は母がホノルルに帰って産んだのかも知れない[7]

第二次世界大戦中には日系人であったことから、アメリカ合衆国政府によりアリゾナ州のヒラ・リバー強制収容所に一家で入れられていた。そこで他の日系人収容者と共に野球場を造ったという[8]。収容所時代は年齢が満たず、兵役に服することはなかったが、年齢が達すると二次大戦の後始末で徴兵された[7]。健三はアメリカ国内勤務に就いた[7]

1953年途中、広島カープに弟・健四、同じく日系二世の光吉勉と共に来日し弟と共に広島市民から熱烈な歓迎を受け入団(三人のカープ入団の経緯は銭村健四を参照)[1]。ハワイで教職についていた為、夏休みの終わる9月までしか在籍せず帰国。本人曰く「夏休みを利用してアルバイトに来た」だけ[1]

特に活躍もなく、短期間で去ったため「日本に来たのは観光旅行目的では?」との見方さえあった。

帰国後もフレズノの中学で長く教鞭をとり1984年11月、アメリカの少年野球チームを連れて日本遠征に来るなどした[7]。 健四は2000年に亡くなった。

2018年12月13日11時30分(現地時間)、前立腺がんの合併症のため、カリフォルニア州フレズノの自宅で死去[9][10]。91歳没。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1953 広島 10 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 10 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1953 広島 1 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 12 1.2 3 0 4 -- 0 0 0 0 1 1 4.50 4.20
通算:1年 1 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 12 1.2 3 0 4 -- 0 0 0 0 1 1 4.50 4.20

背番号編集

  • 23 (1953年)

脚注編集

  1. ^ a b c ベースボールマガジン、2011年9月号 P96
  2. ^ 日系人野球_銭村健三
  3. ^ 校歌・応援歌 | 校友サービス | 立教大学校友会
  4. ^ LA 立教会だより
  5. ^ 立教大野球部:3年ぶり米国遠征―南北カリフォルニアで5試合
  6. ^ "夢と希望のダイヤモンド〜ある日系人野球選手の物語〜". ろーかる直送便 - NHK広島放送局. NHK総合. 2012年3月8日放送. 2014年2月24日閲覧。
  7. ^ a b c d 池井優『ハロー、マニエル、元気かい プロ野球外人選手列伝②』創隆社、1985年、p236-264
  8. ^ 【特集】日系人の“フィールドオブドリームス”報道ステーション』(テレビ朝日 2011年8月8日放送参照)
  9. ^ 銭村健三氏死去、91歳 日系2世、カープ在籍 - 中国新聞アルファ 2018年12月15日
  10. ^ 広島初の米国籍選手、銭村健三氏が死去 91歳 - 日刊スポーツ 2018年12月15日

関連項目編集

外部リンク編集